ヤコブ・ニールセン

ヤコブ・ニールセン
Jakob Nielsen
Jakob Nielsen 1.jpg
ヤコブ・ニールセン
生誕 (1957-10-05) 1957年 10月5日(60歳)
デンマーク コペンハーゲン
職業 ウェブユーザビリティ・コンサルタント

ヤコブ・ニールセン(Jakob Nielsen, Ph.D.、1957年 - )は、デンマーク出身のアメリカの工学博士。主にウェブサイトの ユーザビリティ(使いやすさ)研究の第一人者。

ニールセンによる ユーザインタフェース(UI)デザインの原則は、そうした原則の中でも特に著名である [1]

経歴

コペンハーゲンに生まれ、 デンマーク工科大学英語版を卒業。 ベル研究所IBMでの研究を経て、1994年から1998年まで サン・マイクロシステムズに勤め、ユーザビリティの分野で発明を行う。1995年から自身のウェブサイト useit.com にてユーザビリティについてのコラム「Alertbox」を公開した。

1998年、 ドナルド・ノーマンと共に ニールセン・ノーマン・グループ英語版を設立。代表となる。

他の言語で
català: Jakob Nielsen
español: Jakob Nielsen
français: Jakob Nielsen
italiano: Jakob Nielsen
한국어: 제이콥 닐슨
occitan: Jakob Nielsen
português: Jakob Nielsen
русский: Нильсен, Якоб
српски / srpski: Jakob Nilsen
українська: Якоб Нільсен