モーモス

モーモス古希: Μῶμος, Mōmos: Momus 「非難」の意)とは、 ギリシア神話に登場する である。非難や 皮肉擬人化したもの。 長母音を省略してモモスとも表記される。

ヘーシオドスの『 神統記』によると、夜の女神 ニュクスが相手を必要とせずに生んだ子供の1人であり [1]モロス(定業)、 ケール(死の運命)、 タナトス(死)、 ヒュプノス(眠り)、 オネイロス(夢)、 ヘスペリスたち、 モイラ3姉妹( クロートーラケシスアトロポス)、 ネメシス(義憤)、 アパテー(欺瞞)、 ピロテース(愛欲)、 ゲーラス(老い)、 エリス(争い)と兄弟 [2]

脚注

[ ヘルプ]
  1. ^ ヘーシオドス、214行。
  2. ^ ヘーシオドス、211行-225行。
他の言語で
azərbaycanca: Mom (mifologiya)
български: Мом
català: Momo
čeština: Mómos
Deutsch: Momos
Ελληνικά: Μώμος
English: Momus
Esperanto: Momo (dio)
français: Momos
עברית: מומוס
Հայերեն: Մոմոս
Bahasa Indonesia: Momos
한국어: 모모스
Latina: Momus
lietuvių: Momas
македонски: Мом (митологија)
Nederlands: Momus (mythologie)
polski: Momos
português: Momo
русский: Мом
Simple English: Momus
српски / srpski: Мом
svenska: Momos (gud)
Türkçe: Momus
українська: Мом
Tiếng Việt: Momus
walon: Momosse
中文: 摩墨斯