モンテネグロ王国

モンテネグロ王国
Краљевина Црнa Горa
Kraljevina Crna Gora
モンテネグロ公国1910年 - 1918年セルビア王国 (近代)
モンテネグロの国旗モンテネグロの国章
国旗国章
国歌:
en:Ubavoj nam Crnoj Gori|Увавој нам Црној Гори
Онамо, 'намо!
モンテネグロの位置
1914年のモンテネグロ王国
公用語セルビア語
首都ツェティニェ
(1916年以後の亡命政権の首都はボルドー
国王
1910年 - 1918年ニコラ1世
首相
1910年 - 1912年ラザル・トマノヴィッチ
1917年 - 1918年エヴゲニイェ・ポポヴィッチ
面積
1910年9,475km²
1912年14,442km²
人口
1912年22,000人
1918年500,000人
変遷
王国に昇格1910年8月28日
セルビアと合併1918年11月28日
通貨モンテネグロ・ペルペル

モンテネグロ王国(モンテネグロおうこく、Краљевина Црнa Горa / Kraljevina Crna Gora)は、1910年から1916年の間にバルカン半島の現在のモンテネグロにあった王国である。形式上は1918年まで存続した。

他の言語で
Bahasa Indonesia: Kerajaan Montenegro
Lingua Franca Nova: Rena de Tsernagora
srpskohrvatski / српскохрватски: Kraljevina Crna Gora
中文: 黑山王国