メフメト・アリ・アジャ

メフメト・アリ・アジャ(Mehmet Ali Ağca, 1958年1月9日 - )は、トルコ出身の元テロリスト1981年5月13日ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世バチカンサン・ピエトロ広場で銃撃した人物として知られる。

青年時代

トルコマラティヤ県 ヘキムハン英語版で生まれたアジャは若い頃に精神疾患を患い、軽犯罪を犯し故郷でストリートギャングの一員となった。その後トルコブルガリアの間で密輸業に携わる。

次に彼はシリアへ行き、2ヶ月間の兵器とテロ戦術の訓練を受ける。彼はこの訓練をブルガリア政府からの資金援助の元に行われたと主張する。訓練後トルコの極右武装組織「灰色の狼」に参加する。アジャはパレスチナ解放人民戦線の元メンバーであると主張しているが、PFLPは関係を否定している。

1979年に彼は灰色の狼の指示の下、中道左派系のミッリイェト紙の編集者 アブディ・イペクチをイスタンブールで殺害した。彼は密告で逮捕され終身刑が宣告されたが、灰色の狼の助けを借りて脱獄した。

他の言語で
العربية: محمد علي أغا
azərbaycanca: Mehmet Əli Ağca
беларуская: Мехмет Алі Агджа
български: Мехмет Али Агджа
čeština: Mehmet Ali Ağca
Esperanto: Mehmet Ali Ağca
français: Mehmet Ali Ağca
Bahasa Indonesia: Mehmet Ali Agca
íslenska: Mehmet Ali Ağca
Basa Jawa: Mehmet Ali Ağca
lietuvių: Mehmet Ali Ağca
македонски: Мехмет Али Агџа
مازِرونی: محمدعلی آغجای
Nederlands: Mehmet Ali Ağca
português: Mehmet Ali Ağca
srpskohrvatski / српскохрватски: Mehmet Ali Ağca
Simple English: Mehmet Ali Ağca
slovenčina: Mehmet Ali Ağca
slovenščina: Mehmet Ali Ağca
српски / srpski: Мехмет Али Агџа
українська: Мехмет Алі Агджа
Tiếng Việt: Mehmet Ali Ağca