ミューチュアリズム (経済理論)

ミューチュアリズム英語: Mutualism相互主義)は、無政府主義による経済理論の1つで、各個人がそれぞれ生産手段を個別または集産的に所有し、自由市場労働と見合った取引を行う社会を提唱する[1]

概要

この体制には、生産者に対して投資に必要な額を最低限の金利で融資する、相互貯蓄銀行の設立が不可欠である[2]。ミューチャリズムは労働価値説に基づいており、労働またはその製品が売却されたときには、「同等の製品を生産するために必要な、正確な労働の量」を具現化する製品またはサービスを交換として受け取るべきとする[3]

ミューチャリズムの起源は、哲学者のピエール・ジョゼフ・プルードンである。