ミゲル・ポルラン

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はボルラン第二姓(母方の)はノゲーラです。
チェンドFootball pictogram.svg
名前
本名ミゲル・ポルラン・ノゲーラ
Miguel Porlan Noguera
ラテン文字Chendo
基本情報
国籍スペインの旗 スペイン
生年月日(1961-10-12) 1961年10月12日(56歳)
出身地トタナ
身長175cm
体重73kg
選手情報
ポジションDF(RSB)
クラブ1
クラブ出場 (得点)
1979-1983
1982-1998
スペインの旗 レアル・マドリード B
スペインの旗 レアル・マドリード
67 (1)
363 (3)
代表歴
1981
1980-1984
1986-1990[1]
U-19 スペイン代表
U-21 スペイン代表
スペインの旗 スペイン
4 (0)
9 (0)
26 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

チェンドことミゲル・ポルラン・ノゲーラ(Miguel Porlan Noguera "Chendo"、1961年10月12日 - )は、スペインの元サッカー選手。現役時代のポジションはDF(右サイドバック)。レアル・マドリード下部組織出身であり、1997-98シーズンに引退するまでレアル・マドリード一筋だった。

快足を生かして度々サイドから攻撃参加をしてチャンスを作り、また守備でもカバーリングに長け[2]ディエゴ・マラドーナのマークなどの重要な仕事を任された[3][4][5]

経歴

ムルシア州、トタナで生まれたチェンドは、15歳でレアル・マドリード下部組織に加入。1982年4月11日のCDカステリョン戦でトップチームデビュー。翌シーズン、2試合のリーグ戦に出場した。

1983-84シーズン始め、フアン・ホセが右サイドバックとして出場していたが、怪我によってチェンドにスターティングメンバーの座が巡ってきた。フアン・ホセの怪我が完治すると再びチェンドはベンチに戻ったが、そのシーズンが終わる頃には再び定位置を確保、最終的に26試合に出場した。チェンドの4年目は、25試合のリーグ戦と11試合のUEFAの大会に出場。そのシーズン、レアル・マドリードはUEFAカップを制覇したほか、同じくマドリードを本拠地とするライバルアトレティコ・マドリードを下してコパ・デ・ラ・リーガも獲得。

その後の8シーズンは右サイドバックの位置を不動のものとして297試合に先発出場し、キンタ・デル・ブイトレの一員としてリーガ・エスパニョーラ5連覇などのタイトル獲得に大きく貢献した。しかしその後はキケ・サンチェス・フローレスクリスティアン・パヌッチらの存在により定位置を失い、最終シーズンはUEFAチャンピオンズリーグを制覇したが、チャンピオンズリーグでのチェンドの出場機会は1997年11月27日のローゼンボリBK戦のみであった[6]。1998年5月20日のUEFAチャンピオンズリーグユヴェントスFC戦が最後の試合となり、37歳のチェンドは引退した。

スペイン代表としては、1986年1月22日のソ連代表戦でデビューし、メキシコW杯と1990年のイタリアW杯に出場した。

引退後は同クラブで働き、現在は代表責任者をしている。2011年5月に故郷ムルシアが地震に襲われたことに対するレアル・マドリード対ムルシア選抜のチャリティーマッチでは[7]、サプライズで現役時代の背番号と同じ2番であるリカルド・カルヴァーリョのユニフォームを着て10分間ピッチに立った[8]

他の言語で
العربية: تشيندو
dansk: Chendo
Deutsch: Chendo
English: Chendo
español: Chendo
فارسی: چندو
suomi: Chendo
français: Chendo
עברית: צ'נדו
Bahasa Indonesia: Chendo
italiano: Chendo
Malagasy: Chendo
Nederlands: Chendo
polski: Chendo
português: Chendo
română: Chendo
русский: Чендо
Simple English: Chendo
тоҷикӣ: Чендо
Türkçe: Chendo
українська: Чендо