ミカエル・ピューピン

ミカエル・ピューピン
セルビア語: Михајло Идворски Пупин, Mihajlo (Idvorski) Pupin
ハンガリー語: Pupin Mihály
生誕 (1858-10-04) 1858年10月4日
オーストリア帝国ハンガリー王国・トロンタール県(Torontál-vgy.)アンタルファルヴァ郡(ハンガリー語: Antalfalvi járás)イドヴォル(現・セルビア
死没1935年3月12日(1935-03-12)(76歳)
国籍セルビア
研究分野物理学
出身校コロンビア・カレッジ
主な業績長距離電話通信
主な受賞歴IEEE栄誉賞
エジソンメダル
プロジェクト:人物伝
南部の緑色がアンタルファルヴァ(コヴァチツァ)郡

ミカエル・I・ピューピンあるいはマイケル・I・ピューピンMichael I. Pupin)、本名:ミハイロ・イドヴロスキ・プピンセルビア語:Михајло Идворски Пупин / Mihajlo Idvorski Pupin1858年10月4日[1] - 1935年3月12日)は、セルビア物理学者で、物理化学者。数多くの特許を取得したことで知られており、長距離電話通信の距離を大幅に伸ばすため、通信線に一定間隔で装荷コイル英語版を挿入するという手法を発明したことで特に知られている。この手法はピューピンの名をとって "pupinization" と呼ばれている。

他の言語で
bosanski: Mihajlo Pupin
català: Mihajlo Pupin
čeština: Michael Pupin
English: Mihajlo Pupin
Esperanto: Mihajlo Pupin
español: Michael Pupin
euskara: Mihajlo Pupin
hrvatski: Mihajlo Pupin
Kreyòl ayisyen: Michael Pupin
македонски: Михајло Пупин
Nederlands: Michael Pupin
português: Michael Pupin
русский: Пупин, Михаил
srpskohrvatski / српскохрватски: Mihajlo Pupin
slovenščina: Mihajlo Pupin-Idvorski
српски / srpski: Михајло Пупин
Kiswahili: Michael Pupin
українська: Михайло Пупін