マーストリヒト条約

マーストリヒト条約(マーストリヒトじょうやく)は、欧州連合の創設を定めた条約1991年12月9日欧州諸共同体加盟国間での協議がまとまり、1992年2月7日調印、1993年11月1日ドロール委員会の下で発効した。協議は通貨統合と政治統合の分野について行われた。本条約の正式名称は欧州連合条約であり、その後の条約で修正が加えられた。条約名は調印されたオランダのマーストリヒトにちなむ。

附帯議定書では単一通貨ユーロの創設と3つの柱構造欧州共同体の柱、共通外交・安全保障政策の柱、司法・内務協力の柱)の導入が規定された。共通外交・安全保障政策は欧州政治協力に基づくものであるが、本条約で欧州連合の柱構造に取り入れられ、さらにその枠組みは拡大された。司法・内務協力は警察機関、刑事司法、民事事件や難民移民問題についての協力について扱われる分野であった。その後、アムステルダム条約によって司法・内務協力から難民移民問題などを欧州共同体の柱に移管し、残った分野について警察・刑事司法協力に改められた。この3つの柱構造はリスボン条約の発効により廃止された。

他の言語で
azərbaycanca: Maastrixt sazişi
беларуская (тарашкевіца)‎: Маастрыхцкая дамова
Bahasa Indonesia: Perjanjian Maastricht
Bahasa Melayu: Perjanjian Maastricht
norsk nynorsk: Maastricht-traktaten
srpskohrvatski / српскохрватски: Mastrihtski ugovor
Simple English: Treaty of Maastricht
slovenščina: Maastrichtska pogodba
Tiếng Việt: Hiệp ước Maastricht