マンサ・ムーサ

マンサ・ムーサ
Mansa Musa
マリ帝国の王(マンサ)
Mansa Musa.jpg
カタロニア地図カタロニア語版に記載された、金塊を手にするマンサ・ムーサ
在位1312年 - 1337年?
全名マンサ・カンク・ムーサ
死去1337年?
子女マガン2世
王朝ケイタ朝
父親Faga Laye
テンプレートを表示

マンサ・ムーサは、マリ帝国の9代目の王[1]。在位:1312年-1337年?。アラビア語の文献には、マンサー・ムーサーアラビア語: منسا موسى‎, ラテン文字転写: Mansā Mūsā)の名で記録される。1324年の派手なメッカ巡礼で著名である。巡礼の帰途、立ち寄ったマムルーク朝治下のカイロで、金相場を下落させるほど大量の金を惜しみなく分け与えた。この王の時代からマンサ・スレイマン(在位:1341年-1360年)の時代までにマリ帝国は最盛期を誇った。現在の価値にして約4000億ドル(約35兆円)という人類史上最高の総資産を保有した[2][3]

他の言語で
العربية: منسا موسى
تۆرکجه: مانسا موسی
български: Муса I
bamanankan: Kanku Musa
brezhoneg: Kanga Moussa
bosanski: Mansa Musa
català: Mansa Musa I
čeština: Mansá Músa
Deutsch: Mansa Musa
español: Mansa Musa
suomi: Mansa Musa
français: Kanga Moussa
Hausa: Mansa Musa
հայերեն: Մանսա Մուսա
Bahasa Indonesia: Mansa Musa
italiano: Mansa Musa
ქართული: მუსა I
한국어: 만사 무사
Latina: Mansa Musa
Nederlands: Mansa Moussa
norsk: Mansa Musa
ਪੰਜਾਬੀ: ਮੰਸਾ ਮੂਸੀ
polski: Mansa Musa
پنجابی: منسا موسی
português: Mansa Musa
русский: Манса Муса
Simple English: Mansa Musa
svenska: Mansa Moussa
తెలుగు: మన్సా మూసా I
Türkçe: Musa (Mansa)
українська: Манса Муса
oʻzbekcha/ўзбекча: Mansa Muso
Tiếng Việt: Mansa Musa
Bân-lâm-gú: Musa 1-sè