マリア崇敬

ウルリッヒスベルグ教会のマリア像

マリア崇敬(マリアすうけい、devotion to Mary[1][注釈 1])とは、聖母マリア仲介者 (Mediatrix)[注釈 2]として三位一体の神[注釈 3]への取り次ぎを願うことなどを中核としたカトリック教会教義における宗教概念[注釈 4]聖母崇敬(せいぼすうけい)ともいう。

用語

特別崇敬ラテン語: hyperdulia, ヒペルドゥリア、ヒュペルドゥリア)は、マリア崇敬を指す用語で、語義は「ほかのあらゆる崇敬にまさる崇敬」である[2]。この用語はトマス・アクィナスを始めとするスコラ哲学者が使い始めた[3][4][5][注釈 5]

マリア信心 (devotion to Mary)[注釈 6]または聖母信心とは、一般的にはマリアを信じる心およびその表現などをいう[注釈 7]。日本語で信心というとふつう仏教概念として説明されるが[6]、キリスト教で信心というと三位一体の神[注釈 3]への帰依およびその表現を指す[7]。しかしカトリック教会では直接神に対するよりもさまざまな形態で信心が表現される傾向があり[8]、その用語「マリア信心」(マリア崇敬)は、聖母マリアに「神に対し信者と共に祈ること」を願う宗教表現を指す[注釈 8][注釈 9]

日本語として似た語形の「マリア崇拝」は、カトリック教会では異なる概念[9][10]として扱われる用語である。