マラウィサウルス

マラウィサウルス
生息年代: 125–112 Ma
O
S
D
C
P
T
J
K
N
Malawisaurus
Display at the Royal Ontario Museum
地質時代
白亜紀前期 アプチアン( en
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 竜脚形亜目 Sauropodomorpha
下目 : 竜脚下目 Sauropoda
階級なし : 新竜脚類 Neosauropoda
階級なし : ティタノサウルス形類 Titanosauriformes
階級なし : ティタノサウルス類 Titanosauria
: マラウィサウルス属 Malawisaurus
学名
Malawisaurus
Jacobs et al.1993
下位分類(
  • M. dixeyi

( Haughton1928)( タイプ種
originally Gigantosaurus

マラウィサウルスMalawisaurus "マラウイのトカゲの意味")は ティタノサウルス類に分類される 竜脚類恐竜の属である。 白亜紀前期 アプチアン( en)にアフリカ、特に マラウイに生息していた。頭骨の化石が発見されている数少ないティタノサウルス類である。

頭部復元図

マラウィサウルスは1993年 Louis L. Jacobs らにより命名された属名であるが、 タイプ種M. dixeyiは最初、1928年に シドニー・ホートン( en)により ギガントサウルス( en)( ディプロドクス科に属す無効な名前で現在では トルニエリア( en)として知られる)の種として記載されたものである。ホートンはギガントサウルスの種G.robustus (後の ジャネンシアのタイプ種)と近縁であると考えていた。現在ではマラウィサウルスとジャネンシアはティタノサウルス類であると認識されている。

マラウィサウルスは竜脚類の中では比較的小さく、体長15 mほどである。 [1] 他のティタノサウルス類のように皮膚の表面を覆う 皮骨( en)があったと考えられるような小骨が見つかっている。尾の真ん中辺りから 椎骨の 椎体が伸長している [2]。また椎骨には横方向の浅いくぼみのような穴がある。似たような浅いくぼみのような穴は サルタサウルスアラモサウルス、 アエロサウルス( en)、 ゴンドワナティタンen)でも知られている [3]ヴェネノサウルスにもくぼみのような穴があるが、この"くぼみ"は椎骨に深く入り込み、二室に分割され、脊柱へと伸びている。 [3]

脚注

  1. ^ Paul (2010) Page 207.
  2. ^ "Caudal Vertebrae," Tidwell, Carpenter, and Meyer (2001). Page 145.
  3. ^ a b "Caudal Vertebrae," Tidwell, Carpenter, and Meyer (2001). Page 147.
他の言語で
català: Malawisaure
čeština: Malawisaurus
Deutsch: Malawisaurus
English: Malawisaurus
español: Malawisaurus
فارسی: مالاویسور
français: Malawisaurus
Nederlands: Malawisaurus
ଓଡ଼ିଆ: Malawisaurus
polski: Malawizaur
português: Malawissauro
Tiếng Việt: Malawisaurus