マヤーク核技術施設

マヤーク核技術施設と周辺の衛星写真
マヤークの位置(ロシア内)
マヤーク
マヤーク
マヤーク核技術施設のロシアにおける位置

マヤークロシア語: Произво́дственное объедине́ние «Мая́к»、生産合同«マヤーク»。マヤークはロシア語で灯台の意味。化学コンビナートマヤーク、チェリャビンスク-65とも呼ばれる)はロシア連邦チェリャビンスク州オジョルスク市近郊にある核施設であり、ソ連時代に核兵器に使用する核分裂性物質を工業的に生産する初の工場として設置された。1987年以降は兵器級核物質を製造しておらず、放射性同位体、特にコバルト60[要出典]の生産と核燃料再処理が主な事業である。通常の運転に加え、1957年のウラル核惨事を含むさまざまな事故を通じて非常に大量の放射性物質を環境中に放出してきた。いまもなお秘密にされている部分があることに加え、施設やオジョルスク市への厳しい立入制限により信頼できる情報は限られているしかし後継処理場の建設は頓挫していることから、国内唯一の施設として今後も稼働が続くことは確実視されている。[要出典]

他の言語で
български: Маяк (комплекс)
čeština: Majak
dansk: Majak
English: Mayak
suomi: Majak
עברית: מאיאק
magyar: Majak
italiano: Majak
Nederlands: Majak
norsk nynorsk: Majak
norsk: Majak
português: Mayak
Simple English: Mayak accident
slovenčina: Majak
svenska: Majak
Türkçe: Mayak