マイヨ・ジョーヌ

マイヨ・ジョーヌ
概要
スポーツ自転車ロードレース
選考会ツール・ド・フランス
受賞対象総合1位
現地名Maillot jaune (フランス語)
歴史
初回1919年
初回受賞 フィルマン・ランボー (ベルギー)
最多受賞

 ジャック・アンクティル (フランス)
 エディ・メルクス (ベルギー)
 ベルナール・イノー (フランス)
 ミゲル・インドゥライン (スペイン)

5回
最新受賞 クリス・フルーム (イギリス) (2017年)
2014年ツール・ド・フランスでマルセル・キッテルが獲得したマイヨジョーヌ

マイヨ・ジョーヌ (フランス語: maillot jaune) は、自転車ロードレースツール・ド・フランスにおいて、個人総合成績1位の選手に与えられる黄色のリーダージャージである。各ステージの所要時間を加算し、合計所要時間が最も少なかった選手がマイヨ・ジョーヌ着用の権利を得る。最終ステージの終了時点でマイヨ・ジョーヌ着用の権利をもっている選手がツールの総合優勝者となる。

概要

誰がトップなのか一目で分かるようにという理由で1919年に初登場。色の由来はレース主催者であるスポーツ新聞『ロト』(L'Auto)=現在の『レキップ』(L'Equipe)=の紙面が黄色であったためと一般に説明される。このほか、主催者ができるだけ派手な色のジャージを所望したところ、仕立屋の手持ちには黄色い布しかなかったためとする説もある[1]

最初にマイヨ・ジョーヌを着用したのは、1919年大会の第11ステージ終了後の ウジェーヌ・クリストフ(フランス)だった。しかしながらクリストフはその後のステージで、車体故障によるタイムロスを余儀なくされて総合優勝を逃した[注 1]

ジャージサプライヤーは、1950年代以降ルコックスポルティフが務めたが、1990年代に入り何回か変更があり、1996年から2011年まではナイキが担当した。2012年からルコックスポルティフがサプライヤーに復帰している。両肩に入っている大文字筆記体の「HD」は、ツールの創始者であるアンリ・デグランジュ (Henri Desgrange) のイニシャルである。

ジャージスポンサーについては、アイスクリーム会社「MIKO」、粉末ココア飲料「 Banania英語版」などが務めていたが、1987年からは黄色をイメージカラーとするフランスの銀行「クレディ・リヨネ」(現在はクレディ・アグリコル傘下)がスポンサーとなっており、同行の名が一番大きく、かつ3箇所に書かれている(当初は「CREDIT LYONNAIS」表記だったが現在は「LCL」と略記)。腹と背中の部分には保持者のチーム名をアイロンプリントで入れるので空白にされている。またマスコット(黄色のライオン)のぬいぐるみをジャージ着用者が持っているシーンもたびたび見られる。

他の言語で
العربية: قميص أصفر
беларуская: Жоўтая майка
brezhoneg: Krez melen
català: Mallot groc
čeština: Žlutý trikot
Cymraeg: Crys Melyn
Deutsch: Gelbes Trikot
euskara: Maillot horia
français: Maillot jaune
hrvatski: Žuta majica
Lëtzebuergesch: Gielen Trikot
português: Camisa amarela
русский: Жёлтая майка
Simple English: Yellow jersey
slovenčina: Žlté tričko
slovenščina: Rumena majica
svenska: Ledartröja