ポーランド・ソビエト・リガ平和条約

ポーランド・ソビエト・リガ平和条約後の中央・東ヨーロッパ

ポーランド・ソビエト・リガ平和条約(ポーランド・ソビエト・リガへいわじょうやく、ポーランド語: Traktat Ryski; ロシア語: Рижский мирный договор; ウクライナ語: Ризький мир)は、1921年3月18日リガにおいて、一方をポーランド共和国とし、他方をロシア・ソビエト連邦社会主義共和国ウクライナ・ソビエト社会主義共和国として結ばれた講和条約である。この条約により、ポーランド・ソビエト戦争は終結した。リガ平和条約(Peace of Riga)ともいわれる。

他の言語で