ポチョムキン村

エカチェリーナ女帝のクリミア行幸

ポチョムキン村(ポチョムキンむら、ロシア語: потёмкинские деревни, 英語: Potemkin villages / Potyomkin villages)とは、主に政治的な文脈で使われる語で、貧しい実態や不利となる実態を訪問者の目から隠すために作られた、見せかけだけの施設などのことを指す。「見せかけだけのもの」とは、物理的に存在するものであることもあるし、あるいは資料や統計など比喩的なものであることもある。この語は、ロシア帝国の軍人で1787年露土戦争を指揮したグリゴリー・ポチョムキンが、皇帝エカチェリーナ2世の行幸のために作ったとされる「偽物の村」に由来する。

他の言語で
azərbaycanca: Potyomkin kəndi
беларуская (тарашкевіца)‎: Пацёмкінскія вёскі
español: Pueblo Potemkin
íslenska: Potemkin-þorp
norsk: Potemkinby
română: Potemkiniadă
srpskohrvatski / српскохрватски: Potemkinova sela
slovenščina: Potemkinove vasi
српски / srpski: Потемкинова села
Türkçe: Potemkin köyü