ボソ (プロヴァンス王)

ボソ
Boso
プロヴァンス王
King Boson of Provence.JPG
ボソ王と聖ステファノ
(シャリリュー修道院のフレスコ画)
在位879年 - 887年
死去887年
配偶者名前未詳の女性
 エルマンガルド
子女ウィラ
エルメンガルド
エンゲルベルガ
ルイ3世
王家ボゾン家
父親ビヴィン・ド・ゴルズ
母親リシルド・ダルル
宗教カトリック教会
テンプレートを表示

ボソ(Boso, ? - 887年)は、ボゾン家出身のフランク人貴族。カロリング朝の親戚[1]であり、プロヴァンス王(在位:879年 - 887年)。父はロタリンギアの伯であるビヴィン・ド・ゴルズ。おばのテウトベルガはロタリンギア王ロタール2世の妻。ボソは又、イタリアの伯であり彼の名の元となったボソの甥であり、サンモーリス修道院長であるフクベルトの甥でもある。869年にフクベルトから修道院長を相続した。

シャルル禿頭王への奉仕

870年、西フランク王シャルル2世(禿頭王)はボソの妹リシルドと結婚した。ボソは、この結婚後、王である義兄に臣従した。同じ年、ボソはジラール・ド・ルシヨンに代わり、リヨンおよびヴィエンヌ伯に任命された。

872年、シャルル2世はボソを王位継承者であるルイ2世の執事および護衛長に任命した。さらにボソはブールジュ伯にも任命された。ルイ2世はアキテーヌの副王として君臨したが、若年であったため、王国の政治を行なったのはボソであった。

875年の秋、ボソはシャルル2世のイタリアへの最初の軍事行動に従軍した。876年2月、パヴィーアの議会でイタリアの首位の大臣および総督に任命され、公に格上げされた。彼はおそらくまたプロヴァンスの支配を託された。彼は副王として振る舞い、ローマ皇帝ロドヴィコ2世の唯一の娘エルマンガルドと結婚することで、ますます威信を高めた。

他の言語で
български: Бозон Виенски
Bahasa Indonesia: Boso dari Provence
Nederlands: Boso van Provence
srpskohrvatski / српскохрватски: Boson od Provanse
српски / srpski: Босо Провансалски
West-Vlams: Boso van Provence