ボスマン判決

ボスマン判決(―はんけつ、: Bosman ruling)は、1995年12月に欧州司法裁判所で出された判決である。 ヨーロッパ連合(EU)に加盟する国(2004年5月1日現在で25カ国)の国籍を持つプロサッカー選手は、以前所属したクラブとの契約を完了した場合EU域内の他クラブへの自由移籍が保証され、その際クラブ側は選手の所有権を主張できない、またEU域内のクラブはEU加盟国籍を持つ選手を外国籍扱いにできない、とした。

経緯

ボスマン判決の由来となったジャン=マルク・ボスマンJean-Marc Bosman)は、ベルギーリーグ2部の RFCリエージュの選手であったが、1990年同クラブとの2年契約が完了し、その後オファーのあったフランス2部リーグの USLダンケルクに移籍しようとした。ところがRFCリエージュがこの移籍に難色を示しボスマンの所有権を主張して移籍を阻止しようとした。これに対してボスマンはクラブに対して所有権の放棄を求めてベルギー国内の裁判所に訴え出た。この訴訟はボスマンの全面的な勝訴に終わった。

ここまでであればボスマンとRFCリエージュだけの問題で終わっていたのだが、ボスマンはさらにヨーロッパサッカー連盟(UEFA)を相手取って

  1. クラブとの契約が完全に終了した選手の所有権を、クラブは主張できない(つまり契約が終了した時点で移籍が自由化される)事の確認
  2. EU域内であればEU加盟国籍所有者の就労は制限されないとしたEUの労働規約を、プロサッカー選手にも適用するべきである

とする内容の訴えを欧州司法裁判所に起した。

この訴訟は様々なプレッシャーを受けながらも、結局ボスマン側の勝訴に終わり上2点の要求は完全に認められた。これによりボスマンは、サッカー選手としてのキャリアに華々しさはないものの、1990年代後半以降のヨーロッパのサッカーシーンにおいて最も有名なサッカー選手の一人となった。

他の言語で
беларуская: Правіла Босмана
беларуская (тарашкевіца)‎: Правіла Босмана
català: Llei Bosman
English: Bosman ruling
español: Caso Bosman
français: Arrêt Bosman
עברית: חוק בוסמן
Bahasa Indonesia: Aturan Bosman
íslenska: Bosman-dómurinn
italiano: Sentenza Bosman
한국어: 보스만 판결
Nederlands: Bosman-arrest
português: Caso Bosman
svenska: Bosmandomen
українська: Правило Босмана
Tiếng Việt: Luật Bosman
West-Vlams: Bosmanarrest