ホルモン療法

ホルモン療法(ホルモンりょうほう)は、各種症状に対して ホルモン剤、あるいはホルモンの分泌を促進または抑制する薬剤を用いる治療法の総称。

の中には、特定のホルモンによって増殖が促進されてしまう種類のものがある。そのため、当該ホルモンを分泌している器官を切除したり、分泌を抑制する薬剤を投与する治療が行われる。この療法は、がん細胞そのものを攻撃して殺す治療ではなく、あくまで発育を阻止してコントロールするのが特徴で、補助療法として手術や化学療法に併用される。

乳癌

乳癌は、 女性ホルモンエストロゲンによって増悪する。

そのため、卵巣からのエストロゲンの分泌を抑え擬閉経状態をもたらす LH-RH アゴニスト、副腎からの男性ホルモンがエストロゲンへ転化するのを抑える アロマターゼ阻害剤、 乳腺においてエストロゲンの作用発現を抑える抗エストロゲン剤などを投与する治療が行われる。

副作用として、 更年期障害類似症状を起こす場合がある。また、抗エストロゲン剤の タモキシフェンは、閉経後の使用では子宮体がんの発生率が上昇するとの報告がある(抗エストロゲン剤は、エストロゲン受容体と先に結び付いてエストロゲンの結合をブロックするが、エストロゲン類似物質であるため子宮内膜に対してエストロゲンと同様の効果をもたらす面がある)。

子宮体癌

子宮体癌は、 女性ホルモンエストロゲンによって増悪する。

そのため、逆に抑制に働く女性ホルモンの 黄体ホルモンを投与してこれに対抗する。

副作用として、 血栓症肝機能障害を起こす場合がある。

前立腺癌

前立腺癌は、 男性ホルモンによって増悪する。

そのため、精巣からの男性ホルモンの分泌を抑える LH-RH アゴニスト、前立腺細胞内において男性ホルモンの作用発現を抑える抗男性ホルモン剤、男性ホルモンに拮抗する 女性ホルモンなどを投与する治療が行われる。

副作用として、 勃起障害女性化乳房心疾患循環器疾患を起こす場合がある。

他の言語で