ホルヘ・ロペス・モンターニャ

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はロペス第二姓(母方の)はモンターニャです。
ホルヘ・ロペス・モンターニャFootball pictogram.svg
Jorge López 2009.jpg
2009年のロペス
名前
愛称エル・マラバリスタ(軽業師)
ラテン文字Jorge López Montaña
基本情報
国籍スペインの旗 スペイン
生年月日(1978-09-19) 1978年9月19日(39歳)
出身地ログローニョ
身長184cm
体重79kg
選手情報
ポジションMF
利き足右足
ユース
スペインの旗 ログロニェス
クラブ1
クラブ出場(得点)
1996-1999スペインの旗 ログロニェスB
1997-1999スペインの旗 ログロニェス14(2)
1998スペインの旗 ラス・ロサス英語版
1999-2003スペインの旗 ビジャレアル134(30)
2003-2007スペインの旗 バレンシア45(4)
2004-2005スペインの旗 マヨルカ (Loan)29(1)
2007-2008スペインの旗 ラシン・サンタンデール36(6)
2008-2011スペインの旗 レアル・サラゴサ94(9)
2011-2012ギリシャの旗 OFIクレタ24(1)
2012-2013ベルギーの旗 ヘント15(2)
2014スペインの旗 カディス11(1)
1. 国内リーグ戦に限る。2011年5月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ホルヘ・ロペス・モンターニャJorge López Montaña1978年9月19日 - )は、スペインログローニョ出身のサッカー選手カディスCF所属。ポジションはMFグラナダCFADアルコルコンなどでプレーしたイニゴ・ロペス英語版は弟である。

経歴

ビジャレアルCF

地元のCDログロニェスの下部組織で育ち、1999年にセグンダ・ディビシオン(2部)のビジャレアルCFに売却された。アルバセテ・バロンピエ戦でデビューし、途中出場後わずか1分で移籍後初得点を決めた。ビジャレアルCFではすぐさま定位置をつかみ、1999-2000シーズン終了後にプリメーラ・ディビシオン(1部)昇格を果たした。2000年9月10日のラーヨ・バジェカーノ戦(1-5)でトップリーグデビューを果たすと、2000-01シーズンはリーグ戦で35試合に出場して8得点し、7位に貢献した。ビジャレアルCFではキャプテンも務め、在籍した4年間で30得点を挙げて持ち前の得点力を発揮した。

バレンシアCF

2003年夏、同じバレンシア州内のバレンシアCFに移籍した。2003-04シーズンは26試合に出場して4得点し、クラブはリーグ優勝を果たしたが、ビジャレアルCF時代のような活躍は見せられなかった。このシーズンにバレンシアCFはUEFAカップでも優勝しているが、移籍前にビジャレアルCFでUEFAインタートトカップに出場していたために、バレンシアCFでUEFAカップに出場することはできなかった。2004年夏にイタリア人のクラウディオ・ラニエリ監督が就任して出場機会の減少が見込まれたことから[1]、2004年夏にビジャレアルCF時代の恩師ベニート・フローロ監督が率いるRCDマヨルカにレンタル移籍したが、シーズン途中に右膝十字靭帯断裂の大怪我を負った。バレンシアCF復帰後の2005-06シーズンと2006-07シーズンも負傷の影響が残り、計19試合しか出場できなかった。

ラシン・サンタンデール

バレンシアCFとの契約が満了した2007年夏、ラシン・サンタンデールに移籍した。マルセリーノ監督の下でトップフォームを取り戻し、同年11月25日の古巣バレンシアCF戦(1-0)で決勝点を挙げた[2]。2007-08シーズンはリーグ戦で躍進を遂げ、クラブ史上初めてUEFAカップ出場権を獲得した。

レアル・サラゴサ

2008-09シーズンはラシン・サンタンデールで1試合に出場したが、2008年9月1日、マルセリーノ監督を追ってセグンダ・ディビシオンのレアル・サラゴサに完全移籍した。移籍金は300万ユーロ[3]。2008-09シーズンはサラゴサで38試合に出場(3000分超)して7得点し、プリメーラ・ディビシオン復帰に貢献した。2009-10シーズン序盤はレギュラーだったが、次第にチームの中での重要性が減少していった。

OFIクレタ

2011年夏、ギリシャ・スーパーリーグ(1部)に昇格したOFIクレタに移籍した。