ホルヘ・エリエセル・ガイタン

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はガイタン第二姓(母方の)はアヤラです。
ホルヘ・エリエセル・ガイタン(1936年)

ホルヘ・エリエセル・ガイタン(本名: ホルヘ・エリエセル・ガイタン・アヤラスペイン語名: Jorge Eliécer Gaitán Ayala1903年1月23日 - 1948年4月9日)は、コロンビア政治家。元文部大臣1940年)、労働大臣1943年1944年)、ボゴタ市長1936年)。人民党党首自由党の最もカリスマ的な指導者。 彼は1948年に暗殺され、彼の死はボゴタ暴動ラ・ビオレンシア英語版(暴力の時代、1948年‐1958年)の遠因となった。

生い立ち

ガイタンはクンディナマルカ県 マンタで生まれた。白人インディオ混血であった。11歳から正式な教育を受けた。コレヒオ・シモン・アラウホ学校で学び、1920年にコレヒオ・マルティン・レストレポ学校で基礎的な授業を終えた。 彼は1924年に法律学位を取得し、後にコロンビア国立大学教授になった。1926年、彼はイタリアの ローマ王立大学で法学の博士を取得した。