ホルヘ・ウィルステルマン

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はウィルステルマン第二姓(母方の)はカマーチョです。
ホルヘ・ウィルステルマン・カマーチョ

ホルヘ・ウィルステルマン・カマーチョJorge Wilstermann Camacho1910年4月23日 - 1936年1月17日)は、ボリビア人初の民間人パイロット

1910年4月23日に、コチャバンバの近くのプナタに生まれる。父親は、ドイツ系の子孫でLAB航空の技術者であった。彼は飛行機パイロットにあこがれ、LAB航空の設立したパイロット養成学校(la Escuela de Pilotos y Mecánicos de Aviación del LAB)を卒業し[1]、ボリビア人初の民間人パイロットとなった。1936年1月17日に、コチャバンバからオルロへ向かう飛行の途中、墜落事故で死亡。

コチャバンバにある国際空港のホルヘ・ウィルステルマン国際空港にその名が残る。またコチャバンバを本拠地としているプロサッカークラブのクラブ・ホルヘ・ウィルステルマンの名前の由来にもなっている。

  • 出典

出典

  1. ^ Historia Pagina III」 Lloyd Aereo Boliviano
他の言語で