ホット・チョコレート

ホット・チョコレート: hot chocolate)は、ミルクチョコレートおよびココアパウダー砂糖などで主に作られる飲み物で、通常温めて出される。ホット・ココアチョコレート・ドリンクとも。16世紀アメリカ大陸からヨーロッパへ持ち込まれ、人気を博した。なお、通常のチョコレートの代わりにホワイトチョコレートを使用するものはホワイト・ホット・チョコレートと呼ばれる。

日本においてはココアと言うと、ココアパウダーを使ったホット・チョコレートのことを指すことが多い。

歴史

カカオの実を歴史上最初に使用していたのは、紀元前1500年から400年にかけ、アメリカ大陸最古の文明でありメソアメリカの先住民であるオルメカの人々の可能性が高い。後にマヤ文明の人々が、現在のメキシコタバスコ州に位置する、 チョンタルパ地域に広がっていた大農場より収穫されたカカオの実を基にした飲み物を飲んでいた。この時代、カカオの実は通貨としても使用されている。

ヨーロッパ人によるアメリカ大陸の発見の後、クリストファー・コロンブス新世界からカカオの実を持って帰還した。しかし当時のヨーロッパの人々は、貿易の道具としてもっと役に立つものにしか興味を示さなかった。

ところがその後、1517年エルナン・コルテスベラクルス近隣のメキシコの海岸へと降り立つ。彼はアステカ王国と国王モクテスマ2世の、その名高い富を一目見ようと当時のアステカの首都、テノチティトランに向かった。モクテスマ2世はコルテスへ、自身の好物である「ショコラトル」を金の ゴブレットに入れて差し出した。「そのショコラトルはバニラと香辛料の風味があり、粘りつく蜂蜜の泡もきちんと少なくして作られており、それが口の中で段々と解け冷たさを取り去った」という。モクテスマ2世はゴブレットに注がれていた自分の「ショコラトル」をハレムに入る前に飲み干したことから、一種の媚薬であったのではという考えもある。

それからコルテスは1528年に、大量のカカオの実とチョコレート飲料を作る機器をガレオン船に積み上げてスペインへと戻った。皇帝カール5世がすぐにこの飲料を採用すると、「チョコレート」はスペインの上流階級の間で流行の飲み物となった。加えて、スペイン王家の人間が他のヨーロッパ人の貴族と結婚する際、カカオは持参金として与えられていた。スペイン人がこの美味な飲料を秘密にしていたため、チョコレート飲料がヨーロッパ中で人気を得るようになるのにはほぼ1世紀を費やした。

他の言語で
azərbaycanca: Kakao (içki)
беларуская: Гарачы шакалад
беларуская (тарашкевіца)‎: Гарачы шакаляд
български: Горещ шоколад
বাংলা: হট চকলেট
English: Hot chocolate
eesti: Kakao
فارسی: شکلات داغ
français: Chocolat chaud
Gaeilge: Seacláid the
עברית: שוקולטה
Bahasa Indonesia: Cokelat panas
한국어: 핫초콜릿
Lëtzebuergesch: Schockelaskaffi
Bahasa Melayu: Coklat panas
ਪੰਜਾਬੀ: ਗਰਮ ਚਾਕਲੇਟ
português: Chocolate quente
Runa Simi: Kakawa upyana
Simple English: Hot chocolate
српски / srpski: Топла чоколада
svenska: Chokladdryck
ślůnski: Gorko szekulada
українська: Какао (напій)
Tiếng Việt: Sô-cô-la nóng
中文: 热巧克力