ホッキョククジラ

ホッキョククジラ
ホッキョククジラ ホッキョククジラ
ホッキョククジラ Balaena mysticetus
保全状況評価[1][2][3]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svgワシントン条約附属書I
分類
:動物界 Animalia
:脊索動物門 Chordata
亜門:脊椎動物亜門 Vertebrata
:哺乳綱 Mammalia
:偶蹄目/鯨偶蹄目
Artiodactyla/Cetartiodactyla
:セミクジラ科 Balaenidae
:ホッキョククジラ属 Balaena
:ホッキョククジラ B. mysticetus
学名
Balaena mysticetus
Linnaeus, 1758[3][4]
和名
ホッキョククジラ[5]
英名
Arctic right whale[4][5]
Bowhead[3][4]
Bowhead whale[3][4][5]
Great polar whale[4][5]
Greenland right whale[3][4][5]

分布域

ホッキョククジラBalaena mysticetus)は、偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)セミクジラ科ホッキョククジラ属に属する鯨類。

他のセミクジラ科のクジラ同様、ホッキョククジラは、大西洋で16-17世紀頃から捕鯨の対象となり、近代捕鯨により全世界的にも個体数が激減し、1966年に商業捕獲が一時停止(モラトリウム)とされた。

北欧(スピッツベルゲン島海域)では、依然として絶滅危惧域を脱してはいないという主張はあるが、科学的根拠はない。ベーリング=チュクチ=ボーフォート海域(BCB)では、科学指導のもとで先住民生存捕鯨 (subsistence whaling)が行われており、この海域では捕鯨前の頭数近くまで達しているとの IWC 意見書 (2005年)が出ている。ベーリング海域や、米・アラスカ州やカナダのエスキモーなどの間で生存捕鯨が再開されている。(#生存捕鯨の節参照)

分布

北極圏およびその周辺[5]

ベーリング海個体群は5月に北極海へ移動し、アラスカ半島を経由して夏季はマッケンジー川河口(ボーフォート海)、秋季はチュコト半島北岸へ移動し、冬季はチュコト半島南岸で生活する[5]オホーツク海には周年生息する[5]。例外的に日本では1969年大阪湾に迷行した例もある[4]

他の言語で
azərbaycanca: Qrenlandiya balinası
беларуская: Грэнландскі кіт
беларуская (тарашкевіца)‎: Грэнляндзкі кіт
български: Гренландски кит
Deutsch: Grönlandwal
English: Bowhead whale
Esperanto: Gronlanda baleno
فارسی: نهنگ قطبی
français: Baleine boréale
Bahasa Indonesia: Paus kepala busur
Iñupiak: Aġviq
íslenska: Norðhvalur
қазақша: Поляр киті
kalaallisut: Arfivik
한국어: 북극고래
latviešu: Polārais valis
македонски: Гренландски кит
Nederlands: Groenlandse walvis
norsk nynorsk: Grønlandskval
Simple English: Bowhead whale
slovenčina: Veľryba grónska
српски / srpski: Гренландски кит
svenska: Grönlandsval
українська: Кит ґренландський
oʻzbekcha/ўзбекча: Grenlandiya kiti
vepsän kel’: Grenlandijalaine kit
Tiếng Việt: Cá voi đầu cong
中文: 弓頭鯨
Bân-lâm-gú: Chheⁿ-tē Hái-ang
粵語: 弓頭鯨