ペロプス

ペロプス

ペロプス古希: Πέλοψ, Pelops)はギリシア神話に登場する英雄である。ペロポネーソス半島の地名はペロプスに由来している。

タンタロスとエウリュアナッサの子。タンタロスはリューディア地方のシピュロスからパフラゴニア英語版にかけての王で、クロノスの娘[1]プルートーゼウスの息子だといわれるが[2][3][4][5][6]、トモーロス山の神トモーロスが父だとする説[7]オーケアノステーテュースの子とする説もある。ペロプスの母エウリュアナッサは河神パクトーロスの娘だが、河神クサントスの娘エウリュテミスタであるという説やアムピダマースの娘クリュティアーとする説など異説が多い。

オイノーマオスの娘ヒッポダメイアとの間にアトレウステュエステースピッテウスアステュダメイアリューシディケーニーキッペーをもうけた[8]。また庶子にクリューシッポスがいた。

他の言語で
العربية: بيلوبس
български: Пелопс
brezhoneg: Pelops
català: Pèlops
čeština: Pelops
dansk: Pelops
Deutsch: Pelops
Ελληνικά: Πέλοπας
English: Pelops
Esperanto: Pelopso
español: Pélope
eesti: Pelops
euskara: Pelope
فارسی: پلوپس
suomi: Pelops
français: Pélops
עברית: פלופס
Bahasa Indonesia: Pelops
italiano: Pelope
한국어: 펠롭스
Latina: Pelops
lietuvių: Pelopas
Nederlands: Pelops
norsk: Pelops
português: Pélope
română: Pelops
русский: Пелоп
srpskohrvatski / српскохрватски: Pelop
Simple English: Pelops
slovenščina: Pelops
српски / srpski: Пелоп
svenska: Pelops
Türkçe: Pelops
українська: Пелоп
中文: 珀罗普斯