ペルシア

現在のイラン全土とファールス地方

ペルシアペルシャギリシャ語 Περσία[1])は、現在のイランを表す古名である。漢名は波斯(はし)・波斯国(はしこく)。波斯と書いてペルシャ、ペルシヤと読ませることもある[2]。イランの主要民族・主要言語の名称でもある。

概要

かつてイランに対する外国からの呼び名として「ペルシア」が用いられたが、1935年3月21日に「イラン」に改めるよう諸外国に要請したものの混乱が見られ、1959年、研究者らの主張によりイランとペルシアは代替可能な名称と定めた。その後1979年イラン・イスラーム革命によってイスラーム共和国の名を用いる一方、国名はイランと定められた。

イランの主要民族・主要言語は現在もペルシア人ペルシア語と呼ばれている。なお、イラン人・イラン語はペルシア人・ペルシア語とは示す範囲が異なり、代替可能ではない。

歴史的には、古代ペルシアのパールサ地方 Pârsâ のこと。語源は騎馬者を意味するパールス Pârs。ギリシャ語ではペルシス(Πέρσις Persis)と呼ばれ、現代イランでファールス地方にあたる。

ペルシアに相当する日本語や諸外国で表記される語は、現代のペルシア語ではイラン、またはパールサの現代形のファールスと呼ばれている語である。たとえばペルシア語をファールス語に相当する現代のペルシア語ファールスィー(ペルシア語:فارسى fārsi)と呼ぶ。

また、この地に興ったペルシア帝国と呼ばれる諸王朝も指す。ただし、同じ地に興ったパルティア(アルシャク朝)はペルシアとは語源的に無関係である。

イランの文化や特産物に対する呼び名としても使われる。

他の言語で
Afrikaans: Persiese Ryk
bosanski: Perzija
català: Imperi Persa
čeština: Perská říše
Deutsch: Perserreich
Esperanto: Persa Imperio
Na Vosa Vakaviti: Na Matanitu ki Perisia
français: Perse
עברית: ממלכת פרס
Bahasa Indonesia: Kekaisaran Persia
lietuvių: Senovės Persija
latviešu: Senā Persija
Bahasa Melayu: Empayar Parsi
Nederlands: Perzische Rijk
norsk nynorsk: Persarriket
português: Pérsia
rumantsch: Imperi persian
română: Imperiul Persan
русиньскый: Перьска ріша
sicilianu: Persia
srpskohrvatski / српскохрватски: Perzijska Monarhija
slovenčina: Perzská ríša
slovenščina: Perzijsko cesarstvo
Gagana Samoa: Le Malo o Peresia
српски / srpski: Персијско царство
Kiswahili: Uajemi ya Kale
українська: Перська імперія
Tiếng Việt: Đế quốc Ba Tư
中文: 波斯
文言: 波斯
Bân-lâm-gú: Pho-su
粵語: 波斯