ペイレーネー

ペイレーネーの泉。
アクロコリントス。

ペイレーネー古希: Πειρήνη, Peirēnē)は、ギリシア神話の女性。長母音を省略してペイレネとも表記される。


ペイレーネーΠειρήνη, Peirēnē)は、ギリシア神話の女性である。コリントスペイレーネーの泉en)の名祖。河神アケローオスの娘で、海神ポセイドーンとの間にレケースとケンクリアースを生んだ。コリントスの2つの外港レカイオン、ケンクレイアイはこの2人の名に由来する[2]。またアルゴリス地方のケンクレイアイもケンクリアースに由来するという[3]

あるいはペイレーネーは河神アーソーポスメトーペーの娘の1人[4][5]ヘーシオドスの作と伝えられている『大エーホイアイ』ではオイバロスの娘である[6]

神話によるとアルテミスが誤ってケンクリアースを殺してしまったので、ペイレーネーは嘆き悲しんで泣き続け、ついに泉になった。この泉はコリントス市内にあったが[7]、一説によるとコリントス王シーシュポスがアーソーポスにアイギーナの情報と引き換えに、アクロコリントスにわき出させてもらった泉こそがペイレーネーの泉で、市内の泉はアクロコリントから地下を通ってわき出しているという[8]。またベレロポーンペーガソスを捕まえようとしたのはペイレーネーの泉でのことだった[9]

脚注

  1. ^ アポロドーロス、2巻1・5。
  2. ^ パウサニアス、2巻2・3。
  3. ^ パウサニアス、2巻24・6。
  4. ^ シケリアのディオドロス、4巻72・1。
  5. ^ バッキュリデース断片9。
  6. ^ ヘーシオドス断片196(パウサニアス、2巻2・3)。
  7. ^ パウサニアス、2巻3・2。
  8. ^ パウサニアス、2巻5・1。
  9. ^ ピンダロス『オリュンピア祝勝歌』第13歌61行-86行。
他の言語で
brezhoneg: Peirene
Deutsch: Peirene
italiano: Pirene (naiade)
русский: Пирена
slovenčina: Peiréné (nymfa)