ベーグル

素のベーグル
クリームチーズを塗るのが定番の食べ方。

ベーグル英語Bagel, イディッシュ語:בֵּיגַלֶה、בײגל、beygl, beygel)は、 パンの一種。 東欧系ユダヤ人の食べ物として知られる [1]

概要

小麦粉の生地をひも状にのばし、両端を合わせて輪の形にして 発酵させ、茹でた後にオーブンで焼いて作られる。この製造法により、外側はカリッと焼き上げられ、内側は柔らかくてもっちりと詰まった歯触りになる。乾燥を防げば品質は数日間保たれる。また、水分量が少ないので、冷凍保存なら家庭用の冷蔵庫でも1ヶ月程度は充分に保存できる。

アメリカ発のブームを受けて、一般には アシュケナジムユダヤ人のパンとして知られるが、後述のように必ずしもユダヤ人だけの食文化であったわけではない。

特性としては、通常パンの原料として使用されるバター(油類)、卵、牛乳を基本生地に使用していないことから、他の一般的な製法のパンと比べると脂肪分やコレステロールが低い。

素のベーグル(プレーンベーグル)の他、様々な味付けのベーグルが存在する。伝統的なものは白 ゴマニンニク芥子の実、刻み タマネギや、それらを混ぜ合わせたものなどである。また、生地に シナモンレーズンリンゴブルーベリークランベリーライ麦プンパーニッケル(六割 ライ麦パン)、 鶏卵サワードウなどを加えたものも存在する。ただしこれらの派生品は、本来あるべき食べ方から逸脱しており、もはやベーグルと呼べるものではないとも指摘されている [2]

スポーツでのテニス用語で自分もしくは相手に1ゲームも取れないこと(取られない)をベーグルと呼ぶことがある。

他の言語で
Afrikaans: Bagel
Alemannisch: Bagel
Ænglisc: Bēagel
العربية: بايغل
azərbaycanca: Bagel
Boarisch: Beigl
català: Bagel
čeština: Bagel
dansk: Bagel
Deutsch: Bagel
English: Bagel
Esperanto: Bagelo
español: Bagel
فارسی: بیگل
français: Bagel
arpetan: Baguèl
galego: Bagel
עברית: כעך
Bahasa Indonesia: Bagel
íslenska: Beygla
italiano: Bagel
한국어: 베이글
lietuvių: Didriestainis
Bahasa Melayu: Bagel
Nederlands: Bagel
norsk: Bagel
polski: Bajgiel
português: Bagel
română: Bagel
русский: Бейгл
Simple English: Bagel
svenska: Bagel
Tagalog: Beygel
Türkçe: Bagel
українська: Бейгл
中文: 貝果
粵語: 比高包