ベイズの定理

ベイズの定理(ベイズのていり、: Bayes' theorem)とは、条件付き確率に関して成り立つ定理で、トーマス・ベイズによって示された。[要検証 ]

なおベイズ統計学においては基礎として利用され、いくつかの未観測要素を含む推論等に応用される。

ベイズの定理

一般に、確率および条件付き確率に関して、P(A) > 0 のとき次が成り立つ[1]

この定理はイギリスの牧師トーマス・ベイズ1701年(?) - 1761年[2])によって発見された。彼の死後にリチャード・プライスによって1763年に発表された後[3]ピエール=シモン・ラプラスによってその存在が広く認識されるようになった。

確率および条件付き確率に関する定理であり、頻度主義統計学、ベイズ統計学のどちらでも成立する。

他の言語で
aragonés: Teorema de Bayes
العربية: مبرهنة بايز
asturianu: Teorema de Bayes
беларуская: Тэарэма Баеса
беларуская (тарашкевіца)‎: Тэарэма Баеса
български: Теорема на Бейс
čeština: Bayesova věta
Ελληνικά: Θεώρημα Μπέυζ
فارسی: قضیه بیز
Gaeilge: Teoirim Bayes
עברית: חוק בייס
magyar: Bayes-tétel
Bahasa Indonesia: Teorema Bayes
íslenska: Formúla Bayes
한국어: 베이즈 정리
lietuvių: Bajeso teorema
Nederlands: Theorema van Bayes
Piemontèis: Fórmola ëd Bayes
português: Teorema de Bayes
Simple English: Bayes' theorem
српски / srpski: Бајесова теорема
Basa Sunda: Téoréma Bayes
svenska: Bayes sats
Türkçe: Bayes teoremi
українська: Теорема Баєса
Tiếng Việt: Định lý Bayes