ヘーメラー

ヘーメラーを描いた ウィリアム・アドルフ・ブグローの絵画『日』(1884年)。個人蔵。

ヘーメラー古希: Ἡμέρα, Hēmerā)とは、 ギリシア神話に登場する 女神である。ヘーメレー古希: Ἡμέρη, Hēmerē)ともいう。その名は ギリシア語で「昼間」、「昼の光」の意味で、昼が神格化された神である。

日本語では 長母音を省略してヘメラヘメレとも表記される。

概説

エレボスニュクス(夜)の娘で、 アイテール(清澄な大気)の姉妹である [1]

母のニュクス(夜)とは表裏一体をなす存在で、世界の西の果ての地下に館を共有している。ニュクスが世界を巡って夜をもたらしている間はヘーメラーがこの館に待機し、ヘーメラーが世界を巡って昼をもたらしている間は、ニュクスがここに待機している。そのため、2神が共に館にいるのは、昼と夜の境目の一瞬だけであるとされる [2]

他の言語で
Afrikaans: Hemera
Alemannisch: Hemera
العربية: هميرا
azərbaycanca: Hemera
беларуская: Гемера
български: Хемера
brezhoneg: Hemera
català: Hèmera
čeština: Hémerá
dansk: Hemera
Deutsch: Hemera
English: Hemera
Esperanto: Hemero
español: Hemera
فارسی: همرا
suomi: Hemera
français: Héméra
hrvatski: Hemera
magyar: Hémera
Հայերեն: Հեմերա
Bahasa Indonesia: Hemera
italiano: Emera
한국어: 헤메라
lietuvių: Hemera
македонски: Хемера
Nederlands: Hemera
norsk: Hemera
português: Hemera
română: Hemera
русский: Гемера
srpskohrvatski / српскохрватски: Hemera
Simple English: Hemera
српски / srpski: Хемера
svenska: Hemera
Türkçe: Hemera
українська: Гемера
Tiếng Việt: Hemera
Winaray: Hemera
中文: 赫墨拉