ヘラオオバコ

ヘラオオバコ
Plantago lanceolata in Japan.jpg
ヘラオオバコ (仙台市広瀬川の河原)
分類APG III
:植物界 Plantae
階級なし:被子植物 angiosperms
階級なし:真正双子葉類 eudicots
階級なし:キク類 asterids
階級なし:シソ類 lamiids
:シソ目 Lamiales
:オオバコ科 Plantaginaceae
:オオバコ連 Plantagineae
:オオバコ属 Plantago
:ヘラオオバコ P. lanceolata
学名
Plantago lanceolata
L.
和名
ヘラオオバコ(箆大葉子)
英名
Ribwort Plantain, English Plantain

ヘラオオバコ (箆大葉子、Plantago lanceolata)は、オオバコ科オオバコ属の植物である。ヨーロッパ原産の雑草で、日本では帰化植物である[1]

特徴

細長いへら状の葉を水平から斜め上に放射状に伸ばし、その上へ茎を幾本もひょろひょろと30から50センチくらいに伸ばして花の穂をつける。穂には小さな花が密生しており、下から上へと次々に咲き上がっていく。穂の周りに細い糸に支えられてつき、白い輪のように目立つのはおしべである。オオバコより大きく高いが、オオバコのような踏みつけ耐性はない。

花粉症の原因植物になる。

他の言語で
Deutsch: Spitzwegerich
Gaeilge: Slánlus
hornjoserbsce: Husacy jazyčk
한국어: 창질경이
kurdî: Hevîzar
Limburgs: Smale waegbrei
Nederlands: Smalle weegbree
norsk nynorsk: Smalkjempe
norsk: Smalkjempe
Piemontèis: Plantago lanceolata
پښتو: گزک بوټي
Runa Simi: Qallu-qallu
slovenščina: Ozkolistni trpotec
српски / srpski: Мушка боквица
svenska: Svartkämpar
Tiếng Việt: Plantago lanceolata
中文: 长叶车前