プロティノス

プロティノス
生誕 205年
死没 270年
時代 古代ギリシャ哲学
地域 西洋哲学
学派 ネオプラトニズム
主な概念 流出、一者
テンプレートを表示

プロティノス(Plotinus 古代ギリシア語: Πλωτῖνος205年? - 270年)は、 ネオプラトニズム(新プラトン主義)の創始者といわれる 哲学者である。日本語では「プロチノス」とも表記される。主著は『エンネアデス』。

生涯

エジプト出身。「28歳のときに、哲学への愛に燃え立った」(『プロティノス伝』より)プロティノスは、 アレクサンドリアアンモニオス・サッカスの下で11年間学んだ。39歳のとき、哲学をさらに学ぶためにローマ皇帝 ゴルディアヌス3世が試みたペルシア遠征の軍隊に身を投じる。だが後244年にゴルディアヌス3世が死んだため、プロティノスは アンティオキアまで命からがら逃亡した。

40歳で ローマに移住し哲学塾らしきものを開くが、師たるアンモニオスの教説には長らく触れなかった。26年間に及ぶローマ生活の中では、ローマ皇帝 ガリエヌスとその妃に尊敬されるという特権的地位の下、カンパニアにプラトンの国制を実現する都市「 プラトノポリス」建設を計画したが、皇帝側近者の反対に合い頓挫する。晩年は流行病に罹り、そのためローマを離れてカンパニアに居住した。最期は弟子であり医者である エウストキオスに看取られる。臨終の言葉は「我々の内なる神的なものを、万有の内の神的なものへ帰すように、今私は努めているのだ」とされる。

他の言語で
العربية: أفلوطين
مصرى: افلوطين
azərbaycanca: Plotin
беларуская: Плацін
български: Плотин
català: Plotí
čeština: Plótínos
dansk: Plotin
Deutsch: Plotin
Ελληνικά: Πλωτίνος
English: Plotinus
Esperanto: Plotino
español: Plotino
eesti: Plotinos
euskara: Plotino
فارسی: فلوطین
suomi: Plotinos
français: Plotin
Frysk: Plotinus
Gaeilge: Plotinus
galego: Plotino
עברית: פלוטינוס
hrvatski: Plotin
magyar: Plótinosz
Հայերեն: Պլոտինոս
Bahasa Indonesia: Plotinos
íslenska: Plótínos
italiano: Plotino
ქართული: პლოტინე
한국어: 플로티노스
Kurdî: Plotînos
Кыргызча: Плотин
Latina: Plotinus
lietuvių: Plotinas
latviešu: Plotīns
Malagasy: Plotin
кырык мары: Плотин
Malti: Plotinu
Mirandés: Plotino
Nederlands: Plotinus
norsk: Plotin
occitan: Plotin
polski: Plotyn
português: Plotino
română: Plotin
русский: Плотин
Scots: Plotinus
srpskohrvatski / српскохрватски: Plotin
slovenčina: Plótinos
slovenščina: Plotin
shqip: Plotini
српски / srpski: Плотин
svenska: Plotinos
Kiswahili: Plotinus
Türkçe: Plotinos
українська: Плотін
oʻzbekcha/ўзбекча: Plotin
Tiếng Việt: Plotinus
中文: 普罗提诺