プロサッカー選手

プロサッカー選手とは、サッカー競技におけるプロフェッショナル選手のことである。

概要

サッカー競技における「プロフェッショナル」の定義は、国際サッカー連盟(FIFA)が定める「Regulations on the Status and Transfer of Players」の中で「クラブと契約を結び、日常の出費を上回る給料をサッカー活動により支払われている者」と定義されている[1]。このため、クラブと契約を結んでいない者はもちろんのこと、契約を結んでいても給料がごく少額に留まる者や、名目上サッカー活動以外の対価として給料を得ている者(いわゆる社員選手など)はプロ選手としては扱われない。また一度プロに転向した選手も、プロとして最後に出場した試合から30日が経過すれば再びアマチュアに戻ることが可能[2]

プロ選手が所属クラブを移籍することができるのは、原則としてシーズン終了から翌シーズンの開幕までの間(ただし最大12週間)と、シーズン中盤に設けられる特定の時期(最大4週間)のみ[3] とされており、この期間がいわゆる「移籍市場」と呼ばれる。また移籍の際にはいわゆる移籍金が発生する場合がある。なお18歳未満の選手が別の国のクラブに移籍することは、サッカーとは関係ない親の事情、あるいは選手の家から半径100km以内などの特殊事情がある場合を除き原則禁止されている(ただし欧州連合(EU)内での移籍の場合は16歳から条件付で可能)[4]

プロ契約を結ぶ場合、契約期間は原則として最短で「当該シーズン終了まで」、最長で5年(ただし18歳未満の選手については3年)。当該地域のサッカー協会の規則で許されている場合にはそれ以外の期間の契約も認められるが、最長期間以上の期間の契約を結んでも超過部分は無効とされる[5]。クラブとの契約が切れる6ヶ月前からは、別のクラブとの契約交渉も可能になる[6]

他の言語で