プラーナ文献

プラーナ文献(18世紀後半)

プラーナ文献若しくはプラーナ(पुराण purāṇa) とは、サンスクリットプラーナム・アーキヤーナム (पुराणमाख्यानम् purāṇamākhyānam)すなわち「古き物語」を意味する言葉の略称で呼称される一群のヒンドゥー聖典の総称である。

内容は、ヒンドゥー教諸神の神話・伝説、賛歌、祭式など、また宗派神崇拝のための斎戒儀礼や巡礼地の縁起、祖霊祭、神殿・神像の建立法、カースト制度、住期の義務、さらには哲学思想、医学、音楽など、ヒンドゥー教のあらゆる様相を示す百科全書とも言うべき広がりを見せている。

プラーナは「第5のヴェーダ」とも呼ばれ、その多くの著述を、天の啓示を受けてこれらを伝え、『マハーバーラタ』の著述者でもあるとされる伝説上のリシ(聖仙)ヴィヤーサ (Vyāsa) のものとする。

古いバラモン教の文献及び法典のなかで、通常イティハーサ (itihāsa) とともに言及され、前5世紀の語源学者ヤースカ英語版も「古伝書の流れをくむ輩」の見解に触れ、後代の注釈家は、これを「プラーナの知者」「プラーナの流れをくむ輩」と注するから、古くヴェーダ解釈者の中に、このような一群の人々の存在が推定される。

6世紀頃の辞典『アマラコーシャ』などにみられる古典的定義によれば、プラーナにはパンチャ・ラクシャナ(pañcalakṣaṇa)つまり以下の五つの主題が備わっているとされる。

創造 (sarga)
宇宙の創造
再創造 (pratisarga)
宇宙の周期的な破壊と再生
系譜 (vaṃśa)
神々と聖仙の系譜
マヌの劫期 (manvantara)
人祖マヌより描かれる人類史
王朝史 (vaṃśānucarita)
日種族・月種族の家系に至る諸王朝の歴史

ただし、これらはむしろプラーナの原型・古型となった古史古伝の特徴と考えるべきで、現存のプラーナにはこうした要素は一部しか、また少ししか含まないものもある。現存のプラーナは、叙事詩と同様、主としてシュローカ(śloka)と呼ばれる平易な16音節2行の詩型で書かれ、古典サンスクリットの文法には合わない形も多い。後述する18の「大プラーナ」と多数の「副プラーナ」によって構成される。

他の言語で
Afrikaans: Purana
العربية: بورانا
অসমীয়া: পুৰাণ
български: Пурана
भोजपुरी: पुराण
বাংলা: পুরাণ
čeština: Purány
Deutsch: Puranas
Ελληνικά: Πουράνες
English: Puranas
Esperanto: Puranoj
español: Purana
euskara: Purana
suomi: Puranat
français: Purana
हिन्दी: पुराण
Fiji Hindi: Puran
magyar: Puránák
հայերեն: Պուրաններ
Bahasa Indonesia: Purana
italiano: Purāṇa
Basa Jawa: Purana
ქართული: პურანები
ಕನ್ನಡ: ಪುರಾಣಗಳು
한국어: 푸라나
Lingua Franca Nova: Puranas
lietuvių: Puranos
मैथिली: पुराण
മലയാളം: പുരാണങ്ങൾ
मराठी: पुराणे
Bahasa Melayu: Purana
नेपाली: पुराण
नेपाल भाषा: पुराण
Nederlands: Purana's
norsk nynorsk: Purana
norsk: Puranaene
ଓଡ଼ିଆ: ପୁରାଣ
ਪੰਜਾਬੀ: ਪੁਰਾਣ
पालि: पुराण
polski: Purany
پنجابی: پران
português: Purana
русский: Пураны
संस्कृतम्: पुराणम्
Scots: Puranas
Simple English: Purana
slovenčina: Purány
svenska: Puranas
தமிழ்: புராணம்
తెలుగు: పురాణములు
Türkçe: Puranalar
українська: Пурани
اردو: پران
Tiếng Việt: Puranas
მარგალური: პურანეფი
中文: 往世书