プラットフォーム・ゲーム

プラットフォーム・ゲーム(プラットフォーマー)は、 コンピュータゲームのジャンルの一つ。キャラクターをジャンプさせて足場から足場に跳び移ったり、障害物を跳び越えたりして進むゲームをいう。ジャンピングパズル、フリーランニングとも呼ばれる。

概要

プレイヤーはキャラクターが足場から落ちないように、また、跳び損ねないように、ジャンプをうまくコントロールして遊ぶ。ジャンプ・ボタンの存在がこのジャンルのゲームの最大の共通点である。ジャンプは脚で跳ぶことだけでなく、長い腕やワイヤーでぶらさがって進む『 リスター・ザ・シューティングスター』や『 バイオニックコマンドー』のようなゲームや、ジャンプ台やトランポリンで飛び跳ねる『 en:Alpha Waves』のようなゲームも含む。これらのメカニズムは、他ジャンルにおいても一般的にプラットフォーミングと呼ばれる。ジャンプが完全に自動化されたゲーム(例えば『 ゼルダの伝説』)は、このジャンルに含まない。

プラットフォーム・ゲームは1980年代初期に横スクロールゲームとして生まれ、1990年代中頃には 3Dゲームとしても作られるようになった。プラットフォーム・ゲームという用語は、文字通り、足場(=プラットフォーム)の上でジャンプすることがゲームプレイに不可欠な要素となるゲームを指す言葉であり、このジャンルの定着に合わせて、遅くとも1983年には使われるようになった [1] [2]。他ジャンルの要素と組み合わされることが多く、 シューティング要素を持つ『 魂斗羅』、 アドベンチャー要素を持つ『 フラッシュバック』、 RPG要素を持つ『 悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』といった例がある。

据え置き型 ゲーム機でよく見られるジャンルであるが、 アーケードゲーム携帯型ゲームパソコンゲームにも多くの重要な作品がリリースされている。北アメリカ・ヨーロッパ・日本で発展したジャンルである。テーマはマンガ・アニメ調から サイエンス・フィクションファンタジーまで様々である。

一時期、プラットフォーム・ゲームは最も人気のあるジャンルだった。最盛期には据え置き型ゲームの4分の1から3分の1を占めていた [3]。ここまでのシェアを獲得したジャンルは、これ以前もこれ以降も現れていない。2006年にはシェアが極めて小さくなり1998年に15%のシェアだったのに対して2%にまで減っているものの [4]、商業的にはまだ存続できる状況にあり、いくつものゲームが数百万本単位で売れている。2010年以降、ひたすら走り続けて遊ぶ形式のプラットフォーム・ゲームが スマートフォン向けに多数リリースされ、このジャンルが再び人気となっている。

他の言語で