ブリストル

ブリストル
City and County of Bristol
イングランドの旗
座標: 北緯51度27分0秒 西経2度35分0秒 / 北緯51度27分0秒 西経2度35分0秒 / 51.45000; -2.58333
イギリスの旗 イギリス
構成国家イングランドの旗 イングランド
地域サウス・ウェスト・イングランド South West England
Royal Charter1155年
County status1373年
行政
 - 種別単一自治体 (Unitary Authority), シティ, 典礼カウンティ
 - 立法府Bristol City Council
 - 指導市長 & 閣議
 - 行政府自民党
 - 選出下院議員Roger Berry (L)
Kerry McCarthy (L)
Doug Naysmith (L)/(Co-op)
Dawn Primarolo (L)
Stephen Williams (LD)
面積
 - 総面積42.5mi2 (110km2)
標高[1]36ft (11m)
人口 (2007年)
 - 総人口416,400 (7th / 43rd)人
 都市部551,066 (2,001)人
 - 民族 [1]白人 88.8% (イギリス系 83.5%)
アジア系 4.2%
黒人 2.9%
混血 2.2%
その他 1.9%人
等時帯グリニッジ標準時 (UTC+0)
PostcodeBS
市外局番0117
ISO 3166-2GB-BST
ONS code00HB
OS grid referenceST5946972550
NUTS 3UKK11
ウェブサイトwww.bristol.gov.uk/

ブリストルen-uk-Bristol.ogg Bristol[ヘルプ/ファイル]; [ˈbrɪstəl])は、イギリス西部の港湾都市サウス・ウェスト・イングランド典礼カウンティにあるユニタリー(単一自治体)であり、ロンドンの西169キロで、カーディフの東71キロの位置である。

2007年中頃にブリストルだけで416,400人の人口と推計され、近隣の居住者も一緒にすると約561,500人と推計される。これは、イングランドで6番目、イギリス全体で見ても8番目に人口が多く、サウス・ウェスト・イングランドで最も人口の多い都市である。サマセットグロスタシャーのカウンティに接し、南東には歴史的な都市バースがあり、北にはグロスターが位置する。エイボン川に沿って形勢されており、それが流入するブリストル海峡にも接している。

歴史

紀元40年ごろ、現在のブリストルの西側に古代ローマ人が築いたアボナという港がブリストルの基礎となった[2]。アボナは温泉地バースとの物資取引に使用されていた。 5世紀以降のアングロ・サクソン時代にブリストルは都市として形成されていった。もともとはエイボン川の河口から最も近い架橋可能な位置だったことから、「橋のある場所」を意味するブリグストウ(古英語: Brycgstow)と呼ばれていた[2]

10世紀にブリストルは商業港として栄え、11世紀初頭にはアイルランドとの羊毛貿易の中心地となった。 11世紀後半のノルマンコンクエストの時代には、グロスター伯ロバートによって ブリストル城英語版が築かれている。

13世紀には交易量の増大によって船舶の停泊に不足を来すようになったため、1240年代にフロム川の合流点の付け替えを含む当時国内で類を見ない大規模な港湾拡張工事が行われた。工事によって港の容量は2倍に増加し、ブリストルの発展の基盤となった。

13世紀から18世紀の後半に産業革命でリヴァプールバーミンガムマンチェスターの急成長が始まるまで、ロンドンに次ぐ都市、ヨークノリッジと並ぶトップ3の都市であった。ブリストルは1155年にロイヤル憲章を送られ、1373年に典礼カウンティに格上げされた。

14世紀には造船業や毛織物工業が盛んになり、ヨーロッパや近東に輸出された。 1497年、イングランド王ヘンリー7世の命でイタリアの航海者カボット親子がブリストルの港から新大陸探検に出発した。

18世紀頃には毛織物貿易は衰退したが、西インド諸島との貿易、金属工業などの新産業、そして黒人奴隷などを扱った大西洋三角貿易の拠点の一つとして栄えた。18世紀に頂点に宝飾にも用いられる品質のガラス(特に青色ガラス)を生産していた。1700年には2万人だった人口は1801年には68,000人に拡大し、クリフトンなど郊外の宅地化が進んだ[3]

しかし、産業革命が進展する中で、工業都市マンチェスターと鉄道で連結されたリヴァプールとの競争に敗れたほか、19世紀初頭に奴隷貿易が禁止されたこともあり、19世紀初頭にはかつてのような繁栄は失われていった。1809年閘門を備えた新港シティ・ドッグが完成し、1841年にロンドンと結ぶグレート・ウェスタン鉄道が開通して以降は貿易の絶対量は回復した[3]

第二次世界大戦に際しては、ドイツ空軍の激しい爆撃を受けている。

川港としての不利を補う目的で、1908年に付属港としてエイボン川河口にロイヤル・エドワード・ドッグが作られた。しばらくは市内に近いシティ・ドッグが利便性の強さから主として利用されていたが、大型コンテナ船の普及や道路網の整備によって1960年代から急速に主従が逆転してしまい、1975年にはシティ・ドッグの商業船対応は完全に停止した[3]1978年には新たな外洋港ロイヤル・ポートベリー・ドッグが完成し、港湾都市ブリストルの地位を維持している。1980年代末から、使用されず荒廃したハーバーサイド地域では、プレジャー目的のマリーナ整備など、都市のアメニティを向上させる再開発が行われた。

他の言語で
Afrikaans: Bristol
አማርኛ: ብርስተል
aragonés: Bristón
Ænglisc: Bricgstōw
العربية: برستل
asturianu: Brístol
azərbaycanca: Bristol
беларуская: Брысталь
беларуская (тарашкевіца)‎: Брыстал
български: Бристъл
brezhoneg: Bristol
bosanski: Bristol
català: Bristol
čeština: Bristol
Cymraeg: Bryste
dansk: Bristol
Deutsch: Bristol
Zazaki: Bristol
Ελληνικά: Μπρίστολ
English: Bristol
Esperanto: Bristolo
español: Brístol
eesti: Bristol
euskara: Bristol
فارسی: بریستول
suomi: Bristol
Gaeilge: Briostó
Gàidhlig: Bristol
galego: Bristol
Gaelg: Bristol
Hausa: Bristol
עברית: בריסטול
हिन्दी: ब्रिस्टल
hrvatski: Bristol
magyar: Bristol
Հայերեն: Բրիստոլ
Bahasa Indonesia: Bristol
Interlingue: Bristol
Ido: Bristol
íslenska: Bristol
italiano: Bristol
ქართული: ბრისტოლი
қазақша: Бристоль
한국어: 브리스틀
kernowek: Bristol
Latina: Bristolium
Lëtzebuergesch: Bristol (England)
lumbaart: Bristol
lietuvių: Bristolis
latviešu: Bristole
македонски: Бристол
മലയാളം: ബ്രിസ്റ്റൽ
मराठी: ब्रिस्टल
Mirandés: Bristol
مازِرونی: بریستول
norsk nynorsk: Bristol
norsk: Bristol
Nouormand: Bristo
ਪੰਜਾਬੀ: ਬਰਿਸਟਲ
polski: Bristol
Piemontèis: Bristol
پنجابی: برسٹل نگر
português: Bristol
Runa Simi: Bristol
română: Bristol
русский: Бристоль
sicilianu: Bristullu
Scots: Bristol
davvisámegiella: Bristol
srpskohrvatski / српскохрватски: Bristol
Simple English: Bristol
slovenščina: Bristol
shqip: Bristol
српски / srpski: Бристол
svenska: Bristol
Kiswahili: Bristol
ślůnski: Bristol
Tagalog: Bristol
Türkçe: Bristol
Twi: Bristol
ئۇيغۇرچە / Uyghurche: Bristol
українська: Бристоль
اردو: برسٹل
oʻzbekcha/ўзбекча: Bristol
Tiếng Việt: Bristol
West-Vlams: Bristol
Volapük: Bristol
Winaray: Bristol
ייִדיש: בריסטאל
Yorùbá: Bristol
Bân-lâm-gú: Bristol
粵語: 碧仙桃