ブラーフマナ

ブラーフマナサンスクリット語: ब्राह्मण brāhmaṇa)は、ヴェーダのシュルティ( 天啓文書)のうちの一つ。 サンスクリットの古語であるヴェーダ語で書かれ、ブラーフマナ時代(およそ 紀元前900年 - 紀元前500年の間)にそれぞれ成立したとみられる文書群である。祭儀書梵書とも表現される。

ブラーフマナ とは、 ブラフマンの派生形容詞、転じて名詞で「ブラフマンに属する(もの)」を意味する。

概要

これらはヴェーダの注釈書であり、ヴェーダの祭儀を解説している。

最も古いブラーフマナは黒ヤジュル・ヴェーダを論評する 散文であり最初の数世紀に書かれているが、断片的にしか現存しない。

他の言語で
català: Brahmana
čeština: Bráhmany
Deutsch: Brahmanas
English: Brahmana
euskara: Brahmana
français: Brahmana
magyar: Bráhmanák
italiano: Brāhmaṇa
한국어: 브라마나
lietuvių: Brahmanos
മലയാളം: ബ്രാഹ്മണം
norsk: Brahmana
polski: Brahmany
português: Brâmana
संस्कृतम्: ब्राह्मणम्
Simple English: Brahmanas
slovenčina: Bráhmany
svenska: Brahmana
தமிழ்: பிராமணம்
українська: Брахмани (книги)
中文: 梵书