フレンチ・ハウス

French house
様式的起源ユーロダンス、ユーロ・ディスコ、ディスコHi-NRGPファンク, シカゴ・ハウスディープ・ハウス
文化的起源ヨーロッパアメリカ合衆国で1970年代後半から1990年代
使用楽器サンプラードラムマシンシンセサイザーシーケンサー
サブジャンル
ディスコ・ハウス、ヌー・ディスコ
関連項目
ディスコイタロ・ハウス、イタロ・ディスコ

フレンチ・ハウス(French house)は、多くのフランス人アーティストによって作られるハウス音楽、1990年代後半2000年代のヨーロッパのダンス音楽シーンの人気の要素とユーロ・ディスコ英語版の形の包括的な呼称である。フランス本国ではフレンチ・タッチ(French touch)と呼ばれている。このジャンルは、長年にわたって「ヌー・ディスコ」(ハウスではない「ヌー・ディスコ」Nu-discoの復興とは別のニュー・ディスコ)、「フレンチ・タッチ」、「フィルタ・ハウス」と「テックファンク」とも呼ばれた。サウンドの定義されている特徴は、オーディオ・フィルター英語版や1970年代後半と1980年代前半のアメリカやヨーロッパのディスコの楽曲(又はそのようなサンプルからの影響を強く受ける原型のフック英語版)からサンプリングと一緒にフェイザーに対する重い信頼で成り立っている。このジャンルで成功した著名な制作者にはダフト・パンク[1]カッシアス英語版エティエンヌ・ドゥ・クレシー英語版がいる。この流派の殆どの楽曲の特徴は四分の四拍子で110から130までのBPMである。

歴史と影響

フレンチ・ハウスはディスコの台頭以来アメリカのダンス・ミュージックの系統から大きく影響を受けていて、 ユーロ・ディスコや短命に終わった スペース・ディスコ英語版とは異なった様式を維持している。スペース・ディスコは セルローヌ英語版 スペース英語版シェイラといったアーティストが1970年代後半から1980年代前半にかけてフランスで非常に人気があった。更なる影響がPファンク、特にジョージ・クリントンブーツィー・コリンズの当時のヒット曲から来た。同じ外国市場から出て来た為に、Pファンクは特にディスコ・デモリッション・ナイト事件がアメリカで起きた後にフランスの多くのディスコディスコと同じ時期に演奏された。シカゴ・ハウスのジャッキングな側面は(イギリスでのサウンドを指し示す為の短命に終わった呼称「ジャック・ハウス」を使って)同様に組織化する主題としても取り上げられた。

ルーレ英語版というレーベルから発売されたトーマス・バンガルターの楽曲がフランスでハウスの特有のスタイルを作る最初期の具体例だと考えられ得る。ダフト・パンク スターダスト英語版のメンバーとしての仕事と同時並行で作られた彼のソロの作品が1990年代半ばから後半にかけてフレンチ・ハウスのシーンに絶大な衝撃を与えた[2]。フランス人デュオモーターベース(Philippe Zdar、後の カッシアス英語版 エティエンヌ・ドゥ・クレシー英語版としても知られる)が、 DJスニーク英語版 グリーン・ベルベット英語版 ロジャー・サンチェス英語版といった新進のアメリカのハウスのプロデューサーからインスパイアされて主にサンプルとオーディオ・フィルタを通してループを用いて楽曲を作ったアーティストとしてフランスで第一人者にもなった。パリのプロデューサー サン・ジェルマン英語版は同時期に類似したスタイルでハウスの楽曲を作ったが、フランソワ・ケボーキアンやローラン・ガルニエのような他の名の知られたフランスのDJに転向したプロデューサーが新生のフレンチ・ハウスのレーベルから距離を置いていた頃、これらは更にブラッシュなヴォーカルのディスコ・レコードと対照的にジャズから直接影響を受けた。

最初のフレンチ・ハウスの実験は1990年半ばにイギリスのダンス・ミュージックを扱った新聞やヨーロッパのDJによって暖かく受け入れられたが、大きな商業的成功は1997年になるまで発生しなかった。ダフト・パンク、カッシアスや後の スターダスト英語版がこのジャンルで最初の国際的に成功したアーティストになった。エールと共にこれらのアーティストはヴァージン・レコードと契約し、スパイク・ジョーンズミシェル・ゴンドリー アレックス・アンド・マーティン英語版の類似した作品によって監督された特有のミュージック・ビデオから利益を得た。巨大なクラブ・シーンと大きなレコード会社の支持から発生した熱狂により、ダフト・パンクのデビューアルバム Homework英語版はイギリスのアルバム・チャートのトップ10に入り、彼らはジャン・ミッシェル・ジャール以来英国での売上最大となるフランス人による音楽活動になった。影響力のあるイギリスの市場に於いてダンス・ミュージックの人気が一般的な電子音楽で商業的に絶頂期にあったので、フレンチ・サウンドが出現した時は丁度良いタイミングだった。

ボブ・サンクラー エティエンヌ・ドゥ・クレシー英語版 ベンジャミン・ダイアモンド英語版、そして モジョ英語版といったアーティストによって、ヨーロッパ中で更なる国際的な商業的成功が2000年になっても続いた。2005年後半には、ポップスのスーパースターマドンナがアルバム『Confessions on a Dance Floor』をリリースした。この中の一部の楽曲はフレンチ・ハウスから大きく影響を受けている。

他の言語で
català: French House
Deutsch: French House
Ελληνικά: French House
English: French house
español: French house
galego: French Touch
italiano: French house
ქართული: ფრენჩ ჰაუსი
lumbaart: French house
lietuvių: French house
polski: French house
português: French house
Simple English: French touch
slovenčina: French house
svenska: French house
українська: Французький хауз