フレンチ・ハウス

French house
様式的起源ユーロダンス、ユーロ・ディスコ、ディスコHi-NRGPファンク, シカゴ・ハウスディープ・ハウス
文化的起源ヨーロッパアメリカ合衆国で1970年代後半から1990年代
使用楽器サンプラードラムマシンシンセサイザーシーケンサー
サブジャンル
ディスコ・ハウス、ヌー・ディスコ
関連項目
ディスコイタロ・ハウス、イタロ・ディスコ

フレンチ・ハウス(French house)は、多くのフランス人アーティストによって作られるハウス音楽、1990年代後半2000年代のヨーロッパのダンス音楽シーンの人気の要素とユーロ・ディスコ英語版の形の包括的な呼称である。フランス本国ではフレンチ・タッチ(French touch)と呼ばれている。このジャンルは、長年にわたって「ヌー・ディスコ」(ハウスではない「ヌー・ディスコ」Nu-discoの復興とは別のニュー・ディスコ)、「フレンチ・タッチ」、「フィルタ・ハウス」と「テックファンク」とも呼ばれた。サウンドの定義されている特徴は、オーディオ・フィルター英語版や1970年代後半と1980年代前半のアメリカやヨーロッパのディスコの楽曲(又はそのようなサンプルからの影響を強く受ける原型のフック英語版)からサンプリングと一緒にフェイザーに対する重い信頼で成り立っている。このジャンルで成功した著名な制作者にはダフト・パンク[1]カッシアス英語版エティエンヌ・ドゥ・クレシー英語版がいる。この流派の殆どの楽曲の特徴は四分の四拍子で110から130までのBPMである。

他の言語で
català: French House
Deutsch: French House
Ελληνικά: French House
English: French house
español: French house
galego: French Touch
italiano: French house
ქართული: ფრენჩ ჰაუსი
lumbaart: French house
lietuvių: French house
polski: French house
português: French house
Simple English: French touch
slovenčina: French house
svenska: French house
українська: Французький хауз