フリードリヒ・ヘルダーリン

フリードリヒ・ヘルダーリン
Friedrich Hölderlin
Friedrich hoelderlin.jpg
ヘルダーリンの肖像(1792年)
誕生 (1770-03-20) 1770年 3月20日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ラウフェン
死没 (1843-06-06) 1843年 6月6日(73歳没)
Flag of the German Confederation (war).svg ドイツ連邦 テュービンゲン
職業 詩人思想家
ジャンル 戯曲小説
代表作 ヒュペーリオン』、『 エンペドクレス』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
ヘルダーリンの生家(作者不詳、1840年頃)

ヨハン・クリスティアン・フリードリヒ・ヘルダーリン (Johann Christian Friedrich Hölderlin, ドイツ語発音:  [ˈjoːhan ˈkʁɪsti.aːn ˈfʁiːdʁɪç ˈhœldɐliːn], 1770年 3月20日 - 1843年 6月6日)は、 ドイツ詩人思想家である。 ラウフェンに説教師の息子として生まれ、 テュービンゲン大学で神学生として ヘーゲルシェリングとともに哲学を学ぶ。卒業後は神職にはつかず各地で家庭教師をしながら詩作を行い、書簡体小説『 ヒュペーリオン』や多数の 賛歌頌歌を含む詩を執筆したが、30代で 統合失調症を患いその後人生の半分を塔の中で過ごした。

生前はロマン派からの評価を受けたものの大きな名声は得られなかったが、古代ギリシアへの傾倒から生まれた 汎神論的な文学世界は ロマン主義象徴主義の詩人によって読み継がれ、また ニーチェハイデッガーら思想家にも強い影響を与えた。

生涯

生い立ちから神学生時代

ヘルダーリンは 1770年 3月20日ネッカー河畔の町 ラウフェンに生まれた。父ハインリヒ・フリードリヒ・ヘルダーリン(1736年-1772年)は尼僧院の説教師、母ヨハンナ・クリスティアーナ・ヘルダーリン(旧姓ハイン、1748年-1828年)は牧師の娘であった。ヘルダーリンは長男であり、父母はその後2子をもうけたが、ヘルダーリンがまだ2歳3ヵ月のときに父が卒中で死去した。この2年後、母は官吏ヨハン・クリストフ・ゴック(1748年-1779年)と再婚し、一家はゴックの勤め先である ニュルティンゲンドイツ語版に移住した。母とゴックとの間には4人の子が生まれたが、この義父も結婚から7年後に高熱がもとで死去した。なお母ヨハンナがもうけた7人の子供のうち長じたのはヘルダーリンと2歳下のハインリーケ、異父弟のカールのみで、残りの4人はまだ幼いうちに死去している。

ヘルダーリンは 1779年からニュルティンゲンの ラテン語学校に通った後、 1784年10月に国家試験を受けて デンケンドルフドイツ語版初等僧院学校に入学、 1786年から上級課程にあたる マウルブロン校に通った(マウルブロン校はおよそ100年後に ヘルマン・ヘッセが通う神学校であり、ヘッセはここからの脱走の過程を『 車輪の下』で描いている)。在学時ヘルダーリンは クロプシュトックシラーオシアンなどの詩を読み、自らも多くの詩を作った。ことにシラーに関してはその詩風のほかに美学論文からも多大な影響を受けている。

1788年テュービンゲン大学神学校に入学。同級生であった ヘーゲルシェリングと親交を結んだ。二人とともに カントライプニッツスピノザの哲学を学び、とくにヘルダーリンは フリードリヒ・ハインリヒ・ヤコービの『スピノザ書簡集』を通じてスピノザの 汎神論に感銘を受けている。 1789年には フランス革命に感動し「自由賛歌」「友情賛歌」などの長詩を書いた。

1791年、ゴットホルト・フリードリヒ・シュトイドリーンによる『1792年版 詩神年鑑』に「調和の女神への賛歌」など数編の詩が掲載され、詩人としてのデビューを飾る。翌年の『1793年版 詩歌選』にも多数の参加が掲載された。1793年5月には『 ヒュペーリオン』の第一稿(現存しない)をシュトイドリーンの前で朗読している。

家庭教師時代

1793年6月に大学を卒業したヘルダーリンは神職に就くことを拒否し、シュトイドリーンの推薦によってシラーに紹介され、シラーの友人で ヴァルタースハウゼンドイツ語版に住む シャルロッテ・フォン・カルプ( de:Charlotte von Kalb)の子息フリッツの家庭教師となった。ヘルダーリンは教師をしながら『ヒュペーリオン』の執筆を進め、また若い未亡人ヴィルヘルミーネ・キルムスと親しくなった。 1794年、フリッツとともに イェーナに滞在、 イェーナ大学でフィヒテの講義を聴き、シラー、 ゲーテ、フィヒテと知り合った。この年11月、シラーの編集の『ターリア』に『断片ヒューペリオン』が掲載される。 1795年1月にカルプ家との雇用関係を解消し、6月に故郷ニュルティンゲンに戻る。

記念帳へのヘルダーリンのサイン(イェーナ、1795年)

1796年フランクフルトの銀行家ヤーコプ・ゴンタルトの長男ヘンリーの家庭教師となる。ヘルダーリンはゴンタルト家の夫人ズゼッテ( de:Susette Gontard)に強い愛情を抱き、彼女は執筆中の『ヒュペーリオン』における運命の女性ディオティーマのモデルとなった。数年来書き続けた『ヒューペリオン』はようやく最終稿がまとまり、 1798年春に第一巻がコッタ出版より刊行されている。またこの時期フランクフルトでシェリング、ヘーゲルと再会し、論文断片「ドイツ観念論最初の体系計画」を共同で執筆(1796年末-1797年2月頃)。しかしゴンタルトがヘルダーリンと夫人との恋愛に気付くようになり、1798年に家庭教師を辞し、旧友イーザック・フォン・ジンクレーア( de:Isaac von Sinclair)の住むフランクフルト近郊 ホンブルクに移った。この頃戯曲『エンペドクレス』の執筆をはじめる。ズゼッテとはその後も手紙のやり取りを続け、1ヶ月に1度ほどの頻繁な会合を続けた。

1800年5月、 シュトゥットガルトの富裕な織物商ゲオルク・クリスティアン・ランダウアーのもとに数ヶ月滞在、安息のうちに「パンと葡萄酒」「シュトゥットガルト」「メノン ディオティーマを悼む」などの詩を執筆する。 1801年1月、 スイス ハウプトヴィルドイツ語版にて旧家ゴンツェンバッハ家の教師となるが、3ヶ月で解雇されニュルティンゲンに戻る。1801年12月に フランスに行き、 ボルドーの領事であり葡萄酒業者のマイヤー家の教師を短期間務めた後、5月に帰国。このとき シュトゥットガルトの友人宅を訪れているが、心身ともに非常にやつれておりヘルダーリン本人とはほとんど分からないような状態だったという。この頃より ヒポコンデリーの重い発作に見舞われるようになる。6月、ズゼッテ死去の報を受け衝撃を受ける。

10月にニュルティンゲンの実家に戻り、 ソポクレスピンダロスの翻訳の没頭(1804年に出版)。彼らを手本として多くの賛歌を執筆する。 1804年、ジンクレーアの仲介でホンブルク方伯フリードリヒ・ルートヴィヒ5世( de:Friedrich V. (Hessen-Homburg))の宮廷図書館司書の職を得る。ヘルダーリンはルートヴィヒに賛歌「パトモス」を献じた。また第5王女のアウグステはヘルダーリンの熱心な読者であった。

塔の中での後半生

1805年2月、ヘルダーリンを支えていた友人ジンクレーアが ヴュルテンベルク選帝侯 フリードリヒ1世暗殺計画に加担した疑いで逮捕される。ヘルダーリンにも捜査が及んだが、精神鑑定の末狂気を理由に逮捕を免れた。7月にジンクレーアの無実が明らかになるが、このときヘルダーリンは「自分は ジャコバン派なんかじゃない」と何度も絶叫していたという。

ヘルダーリン塔(2005年撮影)

1806年の夏ごろにはヘルダーリンの異常な言動が目立つようになり、ズィンクレーアによって テュービンゲン大学医学部精神科へ連れて行った。8ヶ月の入院ののち回復の見込みなしと診断されて自宅療養を言い渡され、ヘルダーリンは テュービンゲンの家具職人で『ヒュペーリオン』の熱心な読者であったエルンスト・フリードリヒ・ツィンマーに引き取られた。彼の部屋はツィンマー家の全面に突き出た塔の中の部屋で、彼は折々詩作を行いながらその後の生涯をこの塔の中で過ごした。この塔は現在「ヘルダーリン塔( de:Hölderlinturm)」として知られている。

1822年よりヘルダーリンのもとに ヴィルヘルム・ヴァイブリンガー( de:Wilhelm Waiblinger)や エドゥアルト・メーリケらが訪れている。特にヴァイブリンガーは彼と気が合い、ともに連れ立ってエスターベルク丘へ散歩に出かけるなどしている。ヴァイブリンガーは1823年にヘルダーリンを主人公とした小説『フェアトーン』を発表しており、死の翌年の1831年にはヘルダーリンの評伝が刊行されている。

ヘルダーリンは 1843年胸水腫のため自室で没した。

他の言語で
беларуская (тарашкевіца)‎: Фрыдрых Гёльдэрлін
Lëtzebuergesch: Friedrich Hölderlin
македонски: Фридрих Хелдерлин
Plattdüütsch: Friedrich Hölderlin
norsk nynorsk: Friedrich Hölderlin
srpskohrvatski / српскохрватски: Friedrich Hölderlin
slovenščina: Friedrich Hölderlin
српски / srpski: Фридрих Хелдерлин