フリードリヒ・エンゲルス

フリードリヒ・エンゲルス
フリードリヒ・エンゲルス(1893年)
生誕(1820-11-28) 1820年11月28日
Flag of the German Confederation (war).svg ドイツ連邦 プロイセン王国・ユーリヒ・クレーフェ・ベルク州バルメン
死没(1895-08-05) 1895年8月5日(74歳没)
イギリスの旗 イギリスイングランドロンドン
時代19世紀哲学
地域西洋哲学
配偶者メアリー・バーンズリディア・バーンズ
学派大陸哲学唯物論科学的社会主義共産主義、若いころは青年ヘーゲル派
研究分野自然哲学唯物論自然科学歴史哲学倫理学社会哲学政治哲学法哲学経済学、各国の近現代史、政治学社会学資本主義経済の分析
主な概念弁証法的唯物論史的唯物論疎外労働価値説階級闘争剰余価値搾取価値形態
署名
テンプレートを表示

フリードリヒ・エンゲルス(Friedrich Engels、1820年11月28日 - 1895年8月5日)は、ドイツ社会思想家政治思想家ジャーナリスト実業家共産主義者、軍事評論家、革命家、国際的な労働運動の指導者。

盟友であるカール・マルクスと協力して科学的社会主義の世界観を構築し、労働者階級の歴史的使命を明らかにした。マルクスを公私にわたり支え、世界の労働運動革命運動、共産主義運動の発展に指導的な役割を果たした。

概要

フリードリヒ・エンゲルスは、1820年にドイツ西部の繊維産業都市バルメンの紡績工場主の息子として生まれ、父の願いでギムナジウム(中高等学校)を退学して生家の仕事を実習した。フリードリヒは成人してもなお学問の志を捨てきれずにいたが、ベルリンで砲兵隊の訓練生として軍に参加することとなった。軍務のかたわらベルリン大学で聴講生として反ヘーゲル派の教授シェリングの講義を聞き、哲学の世界へと関心を広げていく。やがて急進的な改革や宗教批判で知られた青年ヘーゲル派に傾倒していくようになる。

1842年、ブリテン王国の工業都市マンチェスターで父の紹介に赴任する途中、ケルンに立ち寄り、カール・マルクスと初めて会う。その後、マンチェスターで実業に携わりながら、「国民経済学批判大綱」を発表したほか、アイルランド女工メアリー・バーンズの協力を得て『 イギリスにおける労働者階級の状態ドイツ語版』を執筆して名を挙げていくこととなる。1844年に帰国する途上、パリでマルクスに再会する。エンゲルスはケルンでの『 ライン新聞英語版』、『独仏年誌』と誌上を飾った「 ヘーゲル法哲学批判序説ドイツ語版」を、マルクスは古典経済学への批評家としてのエンゲルスを高く評価していた。この再開を契機に二人は急速に親交を深め、『聖家族』を共同で執筆して青年ヘーゲル派の批判を開始していく。これ以降、マルクスとエンゲルスは終生変わらぬ友情と協力関係を築いていくようになる。1845-47年にかけて二人は、ブリュッセルに移って近くに住み、『ドイツ・イデオロギー』を共同執筆してヘーゲルの歴史哲学を変革して、弁証法的唯物論の世界観を構築していった。これ以後、マルクスはエンゲルスの協力を受けて唯物史観の将来的展望を描く社会主義理論の体系化に努めていった。エンゲルスが革命理論の体系を問答形式で記した『 共産主義の原理英語版』を改定して、共産主義者同盟の綱領『共産党宣言』をマルクスとともに共同起草した。

1848年、ドイツの三月革命において、エンゲルスは義勇軍に参加して軍事的才能を発揮したが、敗れてロンドンに逃れ、ひと足早く亡命していたマルクスの近くへと亡命していった。1850年、革命の失敗原因を過去の歴史の教訓にもとめた研究『 ドイツ農民戦争(歴史書)英語版』を発表した。エンゲルスは革命への参加のゆえに勘当されていたが、生活難の打開のために父に頭を下げて事業に復帰を果たす。その後マルクスに経済援助を続け、1850年から69年にかけて自らは事業に励んでその研究を助けていく。1864年に英仏の労働者が結束して「国際労働者協会」第一インターナショナルを組織すると、エンゲルスはマルクスが活動に参加して理論的指導をおこない、内部の各派閥を整理統合するよう促した。マルクスは1867年『資本論』を発表、資本主義経済内部で資本がどのように労働を搾取して利潤を作り出すか、経済の運動法則を明らかにした。エンゲルスは実業の世界を引退してロンドンに転居し、マルクスとともに1869年にドイツで結成された 社会民主労働者党ドイツ語版の指導にあたった。エンゲルスは自然科学の研究にも熱心に取り組んで『 自然の弁証法ドイツ語版』の準備を進めたほか、1878年には『反デューリング論』を執筆して、マルクス理論の擁護者として理論を誤解するものや逸脱するものに対する批判に力を注いだ。

1883年にマルクスが世を去ると、エンゲルスは「第二ヴァイオリン」から「第一ヴァイオリン」としてロンドンで社会主義運動を指導することを決意を定め、1884年にはマルクスが残したノートをもとに『家族・私有財産・国家の起源』を発表した。そして、未刊のまま残されていた『資本論』第二巻・第三巻の完成、翻訳、刊行に全力を注ぎ、マルクス理論を世に広めていった。1889年には第二インターナショナルの名誉会長に就任、各国の革命家たちが社会主義政党を結成するのを理論面資金面で援助していく。しかし、晩年には喉頭癌を患って、1895年にロンドンで死去、遺灰は遺言によりドーヴァー海峡に散骨された。

他の言語で
Afrikaans: Friedrich Engels
aragonés: Friedrich Engels
asturianu: Friedrich Engels
azərbaycanca: Fridrix Engels
башҡортса: Фридрих Энгельс
беларуская: Фрыдрых Энгельс
беларуская (тарашкевіца)‎: Фрыдрых Энгельс
български: Фридрих Енгелс
brezhoneg: Friedrich Engels
čeština: Friedrich Engels
Esperanto: Friedrich Engels
français: Friedrich Engels
Gàidhlig: Friedrich Engels
客家語/Hak-kâ-ngî: Friedrich Engels
hornjoserbsce: Friedrich Engels
Bahasa Indonesia: Friedrich Engels
íslenska: Friedrich Engels
Basa Jawa: Friedrich Engels
Lëtzebuergesch: Friedrich Engels
Lingua Franca Nova: Friedrich Engels
lietuvių: Friedrich Engels
македонски: Фридрих Енгелс
Bahasa Melayu: Friedrich Engels
မြန်မာဘာသာ: ဖရစ်ဒရစ် အန်းဂဲ
Nederlands: Friedrich Engels
norsk nynorsk: Friedrich Engels
Piemontèis: Friedrich Engels
português: Friedrich Engels
Runa Simi: Friedrich Engels
rumantsch: Friedrich Engels
sicilianu: Friedrich Engels
srpskohrvatski / српскохрватски: Friedrich Engels
Simple English: Friedrich Engels
slovenčina: Friedrich Engels
slovenščina: Friedrich Engels
српски / srpski: Фридрих Енгелс
татарча/tatarça: Фридрих Энгельс
українська: Фрідріх Енгельс
oʻzbekcha/ўзбекча: Engels Fridrix
Tiếng Việt: Friedrich Engels
მარგალური: ფრიდრიხ ენგელსი
Bân-lâm-gú: Friedrich Engels
粵語: 恩格斯