フランス国立図書館

フランス国立図書館
Bibliothèque nationale de France
Paris BNF Bibliothèque nationale de France, site François Mitterrand - Rez-de-Jardin.jpg
ドミニク・ペロー設計の新図書館。
創設1368年
所在地パリ
座標北緯48度50分01秒 東経2度22分33秒 / 北緯48度50分01秒 東経2度22分33秒 / 48.83361; 2.37583
収蔵情報
収蔵数30,000,000品 (14,000,000点の本などの出版物)[1]
利用情報
貸し出し人数2,101,816人(パリ
その他
予算額254,000,000[1]
館長ロランス・アンジェル
職員数2,700人
ウェブサイト[1]

フランス国立図書館(フランスこくりつとしょかん)(: Bibliothèque nationale de France[† 1]、略称:BnF)は、フランスパリを中心とした国立図書館である。1367年シャルル5世によって創立された王室文庫 (Bibliothèque du Roi) を起源とする。フランス革命により国立図書館 (Bibliothèque Nationale) となり、以後帝政期には帝国図書館 (Bibliothèque Impériale) などとも呼ばれたが、1994年に現在の名称であるフランス国立図書館となった。

1区パレ・ロワイヤル北側至近に位置し、2区リシュリュー通りにあるリシュリュー館(旧館)を母体とし、2014年現在は7つの施設で構成される。その中でも1994年に完成した13区のベルシー地区(トルビアック地区)にあるフランソワ・ミッテラン館が中心的な施設となっている。このほか、世界中から閲覧できる電子図書館「ガリカ」も運営している。現在も有効な1537年の法令により、フランス国内で出版される全ての印刷物は、必ず1部この図書館に保存されることになっている。図書館には1000万を超える書籍と35万束の原稿・写本に加え、地図コイン文書版画レコードなどが所蔵されている。

他の言語で
беларуская (тарашкевіца)‎: Нацыянальная бібліятэка Францыі
Lingua Franca Nova: Biblioteca Nasional de Frans
srpskohrvatski / српскохрватски: Bibliothèque nationale de France