フランスの海外県・海外領土

フランスの海外県・海外領土及び領有を主張する南極地域
フランス海外領土省英語版の旗

フランスの海外県・海外領土フランス語: départements et territoires d'outre-mer、通称DOM-TOM [dɔmtɔm][1])とは、フランスヨーロッパ以外に有する土地の総称である。

概要

これらの領域は本土と異なった法体系や自治権を有しているが、非居住地域でない限り、代表者をフランス共和国会に選出する事となっており、従って欧州議会に対する投票権を有している。フランスの海外県・海外領土は大西洋太平洋インド洋南アメリカ大陸南極周辺の島々、領有を主張する南極の一部に広がっており、これらの地域に居住する人口は2011年1月時点で総計で2,685,705人を数えている[2]

法律的、行政的な見地からするとこれらの領域は本土とは非常に異なっている。フランス共和国憲法によれば、フランスの法律は国内全土に於いて施行される事となっているが、これらの領域では独自の法律が制定されており、この原則には反している。これらの領域は、国防、国際関係、貿易、貨幣、法廷、統治等の特殊な分野を除いた部分では独自の法律を制定する事が許可されている。

先述の通り、居住地域では都会であろうと海外領土であろうと、国民議会元老院に対して代表者を有し、これらの領域はその地域が有する議会と国会との二重統治体制となっている。

他の言語で
Bahasa Melayu: Perancis Seberang Laut
srpskohrvatski / српскохрватски: Francuski prekomorski departmani i teritorije
Simple English: Overseas France