フランシスコ・ジェステ

この名前は、 スペイン語圏の人名慣習に従っています。 第一姓(父方の )はジェステ第二姓(母方の )はナバーロです。
フラン・ジェステ Football pictogram.svg
名前
本名 フランシスコ・ハビエル・ジェステ・ナバーロ
Francisco Javier Yeste Navarro
ラテン文字 Fran YESTE
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1979-12-06) 1979年 12月6日(38歳)
出身地 バサウリ
身長 184cm
体重 67kg
選手情報
ポジション MF (OMF)
利き足 左足
ユース
1991-1997 スペインの旗 ビルバオ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-1998 スペインの旗 バスコニア 38 (7)
1997-1998 スペインの旗 ビルバオB 34 (2)
1998-2000 スペインの旗 ビルバオ 302 (50)
2010-2011 アラブ首長国連邦の旗 アル・ワスル 21 (9)
2011-2012 ギリシャの旗 オリンピアコス 5 (0)
2012 アラブ首長国連邦の旗 バニーヤース 7 (0)
1997-2012 通算 407 (68)
代表歴2
1998 スペインの旗 スペイン U-18 1 (0)
1999 スペインの旗 スペイン U-20 7 (0)
2000-2001 スペインの旗 スペイン U-21 12 (0)
監督歴
2014 スペインの旗 エルデンセ英語版
2016 スペインの旗 エルデンセ
1. 国内リーグ戦に限る。2017年8月5日現在。
2. 2017年8月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フランシスコ・"フラン"・ハビエル・ジェステ・ナバーロFrancisco "Fran" Javier Yeste Navarro, 1979年 12月6日 - )は、 スペインバサウリ出身の元 サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションは MF(トップ下、左サイド)。

経歴

アスレティック・ビルバオ

ビスカヤ県 バサウリに生まれ、 アスレティック・ビルバオの下部組織(レサマ)で育った。サードチームである CDバスコニア、セカンドチームである ビルバオ・アスレティックと昇格していき、1999年2月7日の ラシン・サンタンデール戦でフル出場してトップチームデビューした。 1998-99シーズンはトップチームで計14試合に出場したが、 翌シーズンは主にBチームの試合に出場。1999年4月にはナイジェリアで開催された FIFAワールドユース選手権に出場した。クラブでもともに戦う ダニエル・アランスビアパブロ・オルバイスらとともに参加し、決勝で U-20日本代表を破って優勝した。 2000-01シーズンにはトップチームでレギュラーの座を獲得し、2000年12月10日の レアル・オビエド戦(4-0)での2得点を含む6得点を挙げた。 2003-04シーズンは自己ベストのリーグ戦11得点を挙げ、 UEFAカップ出場権を得る5位でシーズンを終えた。 2004-05シーズン途中に スペイン代表に初招集されたが出場機会はなかった [1]。この頃は負傷することも多かったが出場を続け、 2006-07シーズンはリーグ戦全38試合出場5得点の成績で17位での降格回避に携わった。

ジェステは不安定な性格で知られ [2]2007-08シーズン2008-09シーズン合わせて5度の退場処分(加えて14枚のイエローカード)を受けている [3] [4]。このうちのひとつは2009年3月15日の レアル・マドリード戦(2-5)で イケル・カシージャスを突き飛ばしたために受けたものだった [5]2009-10シーズンは常時出場とはいかず、また ホアキン・カパロス監督によって1ヶ月以上もチームから外されていた時期もあった [6]。2010年3月25日の アトレティコ・マドリード戦(0-2)で復帰したものの、その試合で退場処分を受けた。5月9日のレアル・マドリード戦(1-5)ではチーム唯一の得点を挙げた。シーズン終了後、契約満了によりチームを離れることが発表された [7]

アル・ワスルFC

2010年6月19日、31歳のジェステは アラビアン・ガルフ・リーグアル・ワスルFCと2年契約を結んだ [8]。2011年3月、 エティサラート・エミレーツ・カップ準決勝の アル・アインFC戦の50分(正確には49分27秒)に相手が得点を決めたが、 ゴールセレブレーションが終わらないうちに試合が再開されてジェステがセンターサークルからシュートを放ち、オランダのVoetbal Stijl紙が「サッカー史上最速の同点ゴール」と表現する得点を挙げた。この時も50分(正確には49分54秒)であった [9]。シュートの際に別の選手がセンターサークル内におり、キックオフの笛から一度もパスをすることなくシュートしたため、この得点が正当なものかどうか議論が巻き起こったが、ゴールネットを揺らすすぐ前に一度地面でバウンドし、さらにセンターサークル内にいた選手がアル・アインの選手であったことから、後に規約に基づく得点であることが確かめられた [10]

オリンピアコスFC以降

2011年夏に自由契約となったが、7月22日に恩師 エルネスト・バルベルデ監督が率いる ギリシャ・スーパーリーグオリンピアコスFCと1年契約を交わした [11]。しかし翌年1月17日にはクラブとの契約解除で合意 [12]バニーヤースSCへ加入しUAEに復帰した [13]

指導者時代

2014-15シーズンより、 セグンダ・ディビシオンBの CDエルデンセの指揮官として招聘されるも11月に退団 [14]。2016-17シーズンより同クラブに復帰するが、2016年9月12日に解任されることが発表された [15]

他の言語で