フランク王の一覧

フランク人 は元来、 ドゥクス (軍事的指導者) 及びレグリ (小規模の君主)によって位置づけられていた。サリ族メロヴィング家がフランク人の間で台頭し、 ガロ=ローマ地区を征服した。同時に507年には西ゴート王国の領土を征服した。クロヴィス1世の諸子はブルグント 及びアレマン人を征服した。彼らはプロヴァンスを獲得し、バイエルンテューリンゲンを従属せしめた。メロヴィング家は8世紀 には後世にカロリング家と呼ばれる家系に取って代わられた。9世紀までにはカロリング家自身も王国内のその他の家系に取って代わられた。"フランクの王" ないし Rex Francorumという観念は12世紀から13世紀 にかけて次第に消えていった。

古代ゲルマン人の慣習に従って次第に族長の息子たちの間で領域が分割され、その死後に再び統合されたことから、フランク族の支配者の年表で表すのは困難である。

ドゥクス及びレグリ

初期の支配者

史料には多くの空白が残されていることから初期支配者の一覧は不完全である。

支配者 説明
Ascaric
Merogais
メロバウドゥス(Mallobaudes
Genobaud
スンノ(Sunno
Marcomer
ファラモン(Pharamond Marcomerの息子。半伝説的な王。(420年 - 448年にクロディオと共同統治した)[1]
クロディオ(Chlodio (420年 - 448年にファラモンと共同統治した)[1]
テウドメール(Theudemeres リコメール(Richomeres)の息子、王位は422年頃。
アエギディウス(Aegidius シアグリウスの父。
シギベルト跛王(Sigobert the Lame 王位483年 - 507年、息子のクロデリック(父殺し)によって殺される。
クロデリック(父殺し)(Chlodoric the Parricide シギベルト跛王の息子。王位507年クロヴィス1世によって廃される。

サリ族の支配者

支配者 説明
クロディオ テウドメールの子。ディスパルグム、及び後にトゥルネーの王(426年 - 447年)。
メロヴィクス 恐らくはクロディオの息子。トゥルネーの王(447年 - 458年)。(メロヴェまたはメロヴァエウスが448年 - 458年に統治した)[1]
キルデリク1世 メロヴィクスの息子。トゥルネーの王(458年 - 481年)[1]
クロヴィス1世 キルデリク1世の息子。トゥルネーの王(481年 - 511年)、後年、フランク族の大部分とガロ=ローマを統一する[1]

以下に挙げる全員はクロヴィス1世と幾らかの関わりを持ち、最終的には509年以前には王位を追われた。

支配者 説明
カラリック(Chararic
ラグナカール(Ragnachar 恐らくは486年以前からカンブレーの王、クロヴィス1世によって殺された。
リカリウス(Ricchar ラグナカールの兄弟。カンブレーでクロヴィス1世によって殺された。
リグノメール(Rignomer ラグナカールの兄弟。ル・マンでクロヴィス1世によって殺された。
他の言語で