フランク人

ゲラシウスの典礼書英語版』。750年頃に メロヴィング朝フランク王国で作られたもので現在は ヴァティカン図書館に所蔵されている。

フランク人(フランクじん)またはフランク族(フランクぞく、 ラテン語: Franci, ドイツ語: Franken, フランス語: Francs, イタリア語: Franchi, 英語: Franks)は、 ローマ帝国時代後期から記録に登場する ゲルマン人の部族である。一般的に サリー族 リプアリー族英語版(ライン・フランク族)に大別される。前者は 西ヨーロッパにおいて フランク王国を建国した事で知られる。

フランクという名前は西暦 3世紀半ばに初めて史料に登場する [1]。記録に残る「フランク(francus または franci)」という言葉の最も古い用例は 241年頃の歴史的事実を踏まえたとされるローマ行軍歌においてであり [2]、これは4世紀に書かれた『皇帝列伝』に収録されて現代に伝わっている [2]ローマ人ライン川中流域に居住するゲルマン人たちを一括して「フランク人」と呼んでいた。フランク(francus、franci)の語義は「勇敢な人々」 [1]、「大胆な人々」 [2]、あるいは「荒々しい」「猛々しい」「おそろしい」人々という意味であるとされている [3]

西ヨーロッパ全域を支配する王国を建設したことから、東方の 東ローマ帝国イスラム諸国では、西ヨーロッパ人全般を指す言葉として用いられた事もある。 十字軍研究の分野では現代の学者たちも レヴァント十字軍国家を指して「フランク国家」と表現したり、移住したヨーロッパ人全般を指して「フランク人」と言う用語を用いる場合がある [4] [5]

フランク人の形成

中世の歴史叙述におけるフランク人の起源

フランク人の起源についての情報は乏しい。ゲルマン人の一派である ゴート人の起源については、ゴート人の歴史家 ヨルダネスが起源誌と言うべき『 ゴート史(De origine actibusque Getarum)』を残し [6]ランゴバルド人についてはやはりランゴバルド人の パウルス・ディアコヌスによる『 ランゴバルドの歴史(Historia Langobardorum)』等によってその起源が語られている [7]。それに対しフランク人は上記のような部族の起源を語る歴史記述者を輩出しなかった [6]。唯一、 トゥールのグレゴリウスは、フランク人は パンノニアから出てトリンギア(Thoringia、 テューリンゲン)に移住し、この地で他に比して高貴な家柄の者として「長髪の王」を推戴したという伝承を残している [8]。このパンノニア起源伝承については歴史家の間で数多くの議論を巻き起こしている [8]

また、 11世紀後半に ケルンまたは ジークブルクの無名の修道士が綴った『 アンノの歌』は、 天地創造から始まるその叙述の中でフランク人の起源についての伝説を記録している。それによれば『 ガリア戦記』で語られる ユリウス・カエサルのガリア征服は、実際にはドイツ地方の征服であるとされ、その際カエサルに征服された4つの集団の1つとして「高貴なるフランク人( 古高地ドイツ語:Frankien din edilin)」が挙げられている [9] [注釈 1]」。そして、カエサル(=ローマ人)とフランク人は元来親族関係にあり、その共通の祖先は ギリシア人トロイアを滅ぼした時にその地から イタリアに移住したトロイア人であると伝えられる [9]。そのトロイア人の指導者たちのうち、 アエネイスに率いられた一団がローマを建設し、フランコ(Franko)という指導者に率いられた一団がライン河畔に「小トロイア」を建設し、フランク人が誕生したのだという [9]。 この伝説は史実からはかけ離れた虚構の物語であり、今日の歴史学的見地からは史料的価値を見出すことはできない [10]。だが、 フランス王は、フランク人の唯一の正統な後継者であることを自任していたため、王家である カペー家の系譜をフランク人トロイア起源説に基づきトロイア人の英雄たちと接続した [10]。そして神聖ローマ帝国にあってはドイツ地方とローマ帝国の歴史的同一性の根拠と見做された [10]。このため、この伝説はフランス、ドイツ民族意識の確立過程や帝権イデオロギーに重大な影響を与えた [10]

今日におけるフランク人の形成過程の理解

今日定説として通用している説は、元来フランク人はまとまりを持った性格を持つ部族ではなく、 3世紀半ばに ライン川右岸に居住していた イスタエウォーネス神を祖先と見なす複数の部族、 カマーウィー族英語版ブルクテリー族 カットゥアリー族英語版サリー族 アムシヴァリー族英語版などの部族が結集した政治的同盟として成立したとするものである [11] [6] [1] [12]

フランク人は、 紀元前1世紀の「 ガリア戦記」や 1世紀の「 ゲルマニア」に記録されたような他の古いゲルマン人諸部族と違い、 3世紀半ばになってから歴史上に現れる [2]。しかも、ローマ人が用いる他のゲルマニアの民族(部族)名が特定の集団を指したのに対し、「フランク人」は、ライン川と ヴェーザー川の間の地域に居住した複数の部族の総称として用いられた [1]。289年にカマーウィー族が、307年にブルクテリー族が、306年から315年にはカットゥアリー族が、357年にサリー族が、そして364年から375年頃にかけてはアムシヴァリー族と トゥヴァンテース族英語版が、ローマ側の史料において「フランク人」と呼ばれている [1]。これはあくまでもローマ人の張ったレッテルであり、実際にこれらの部族が「フランク人」という共族意識を持っていたかは不明である [1]アメリカの歴史学者 パトリック・ジョセフ・ギアリ英語版は、ある集団が置かれた政治的状況が中世初期の部族アイデンティティーの形成に重要であったことを指摘しており、フランク族においても同様のことが言えるかもしれない [1]

3,4世紀の「フランク人」たちが共通の言語、習俗、風俗を持っていたかは不明であるが [1]、一般に古代末期から中世初期にかけてのゲルマン人は髪を部族への帰属を示す指標としたことが知られており、少なくとも 5世紀にはフランク人たちも共通する髪型によって帰属を示していた [13]。フランク人の王族は長髪を切らずにたなびかせ王権の象徴とした一方、一般戦士の男性は青年期に達した時、「最初の断髪」によって後頭部を剃りあげた [13] [14]

他の言語で
Afrikaans: Franke
Alemannisch: Franken (Volk)
aragonés: Francos
Ænglisc: Francan
العربية: فرنجة
مصرى: فرانكس
asturianu: Pueblu francu
azərbaycanca: Franklar
беларуская: Франкі
български: Франки
brezhoneg: Franked
bosanski: Franci
català: Francs
čeština: Frankové
Чӑвашла: Франксем
Cymraeg: Ffranciaid
dansk: Frankere
Ελληνικά: Φράγκοι
English: Franks
Esperanto: Frankoj
español: Pueblo franco
eesti: Frangid
euskara: Frankoak
فارسی: فرانک‌ها
suomi: Frankit
føroyskt: Frankar
français: Francs
Nordfriisk: Franken (fulk)
Frysk: Franken
Gaeilge: Na Frainc
galego: Francos
עברית: פרנקים
hrvatski: Franci
magyar: Frankok
Bahasa Indonesia: Suku Franka
íslenska: Frankar
italiano: Franchi
ქართული: ფრანკები
қазақша: Франктер
한국어: 프랑크인
Kurdî: Frank
Latina: Franci
lumbaart: Franch (pòpol)
lietuvių: Frankai
latviešu: Franki
македонски: Франки
монгол: Франк
Bahasa Melayu: Orang Frank
Nedersaksies: Franken
Nederlands: Franken (volk)
norsk nynorsk: Frankarar
norsk: Frankere
occitan: Francs
polski: Frankowie
português: Francos
română: Franci
русский: Франки
sicilianu: Franchi
Scots: Franks
srpskohrvatski / српскохрватски: Franci
Simple English: Franks
slovenčina: Frankovia
slovenščina: Franki
српски / srpski: Франци
svenska: Franker
Kiswahili: Wafaranki
Türkçe: Franklar
українська: Франки
oʻzbekcha/ўзбекча: Franklar
Tiếng Việt: Người Frank
West-Vlams: Frankn
中文: 法蘭克人
Bân-lâm-gú: Frank lâng
粵語: 法蘭克人