フランク・ロビンソン

フランク・ロビンソン
Frank Robinson
Flickr - Rubenstein - Frank Robinson.jpg
基本情報
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地テキサス州
生年月日(1935-08-31) 1935年8月31日(82歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席右投右打
ポジション外野手
プロ入り1953年
初出場1956年
最終出場1976年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年1982年
得票率89.16%
選出方法BBWAA[:en]による選出

フランク・ロビンソンFrank Robinson, 1935年8月31日 - )はMLBの元選手(外野手)・監督である。

史上初めてMLB両リーグでMVPに選出され、アフリカ系アメリカ人初のMLB監督となった。

来歴

1956年、20歳でメジャーデビュー。152試合出場で38本塁打を記録し、新人王に選出された。また、新人最多となる20死球を受けている。以降もチームを代表する強打者として活躍し、1961年にはリーグ優勝に貢献してMVPを受賞した。

1966年、オリオールズに移籍。ブルックス・ロビンソンと「ロビンソン・コンビ」として活躍し、打率3割1分6厘、49本塁打、122打点で三冠王に輝く。この三冠タイトルがロビンソン唯一の打撃タイトルである。黒人選手として史上初めての三冠王獲得で、現在でも史上唯一である。チームもリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズでもドジャースを下し世界一。ロビンソンはシーズンMVPとワールドシリーズMVPの両方に選出された。また、両リーグでシーズンMVPとなるのはMLB史上初の快挙だった。その後も1969年1971年のリーグ三連覇、1970年のワールドシリーズ制覇に貢献した。

1976年に引退するまでの通算成績は2808試合出場(歴代22位)、打率2割9分4厘、586本塁打(歴代9位)、1812打点(歴代20位)。

1975年にクリーブランド・インディアンスで選手兼任で黒人初のメジャーリーグ監督となる。監督としてクリーブランド・インディアンス(1975年 - 1977年)、サンフランシスコ・ジャイアンツ1981年 - 1984年)、ボルチモア・オリオールズ(1988年 - 1991年)、そして2002年から2006年までモントリオール・エクスポズ(2005年よりワシントン・ナショナルズ)を率いた。オリオールズ時代の1989年には前年54勝101敗で21連敗を喫したチームを87勝75敗に導き、最優秀監督賞を受賞した。

1982年アメリカ野球殿堂入り。

ドジャース時代の1972年には、後にアメリカ野球殿堂入りするエース、ドン・サットン背番号20をつけていたため36を着けたが、それ以外は現役、監督を通じて一貫して20をつけていた。1971年に現役中ながらオリオールズで、殿堂入り後、1998年にレッズ、2017年にインディアンスで、ロビンソンの背番号20がそれぞれ永久欠番に指定された。特に2017年にインディアンスで永久欠番に指定されたことにより、ノーラン・ライアンに次いでロビンソンは二人目の3球団欠番選手となった。