フクシア

フクシア
Fuchsia X Hybrida1.jpg
Fuchsia X Hybrida
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: フトモモ目 Myrtales
: アカバナ科 Onagraceae
: フクシア属 Fuchsia
学名
Fuchsia L.

フクシア (Fuchsia ラテン語発音:  [ˈfʊk.si.a] フクスィア) は アカバナ科の低木で、 が美しいので鉢植えなどでよく栽培される。日本では訛ってホクシャなどとも呼ばれる。フランス語ではフュシャ、フュクスャ (fuchsia [fy.ʃja, fyk.sja])、スペイン語ではフクスャ (fucsia [fuk.sja])、ドイツ語ではフクスィエ (Fuchsie [ˈfʊksiə])、英語ではフューシャ (fuchsia [ˈfjuːʃə])、ハンガリー語ではフクスィア (fukszia [ˈfuksiɒ])、フィンランド語ではヴェレンピサラト (verenpisarat [ˈveremˌpisɑrɑt])、エスペラント語ではフクスィーオ (fuksio [fukˈsiːo])。

フクシアは属名(ドイツの植物学者 レオンハルト・フックスにちなむ)で、100種ほどの原種からなる。 栽培品種も雑種起源のものを中心にして多種多様である。 南米(一部は 中米ポリネシア)の 熱帯亜熱帯原産で、小低木が多いが、中には高さ10m以上の高木になるもの( ニュージーランドFuchsia excorticata)もある。

温室で栽培されるものもあるが、耐寒性のあるものは イギリスなどでも戸外で栽培され非常にポピュラーである。茎がしだれ花が下向きに咲くものが多いので、吊り鉢に植えて高い所に飾ることが多い。

原産地ではおもに ハチドリによって 送粉される。 果実は1cm前後の液果で暗赤色に熟し、細かい種子を多数含み、食べられる。

細長いがくと幅広い花弁が4枚ずつあって、がくが鮮紅色で花弁が紫のものなど、様々な色のものがあり、フクシアの名を冠した色名( フクシャ)がある。

画像

他の言語で
العربية: فوشية
беларуская: Фуксія
български: Фуксия
བོད་ཡིག: མངར་དྲིལ།
català: Fúcsia
Cebuano: Fuchsia
čeština: Fuchsie
dansk: Fuchsia
Deutsch: Fuchsien
English: Fuchsia
Esperanto: Fuksio
español: Fuchsia
français: Fuchsia
galego: Fucsia
עברית: פוקסיה
hornjoserbsce: Fuchsija
magyar: Fukszia
Հայերեն: Ֆուքսիա
Bahasa Indonesia: Fuchsia
Ido: Fuxio
italiano: Fuchsia
ქართული: ფუქსია
қазақша: Сырғагүл
한국어: 후크시아
Latina: Fuchsia
മലയാളം: ഫ്യൂഷിയ
кырык мары: Фукси
Nedersaksies: Bellebloem
Nederlands: Fuchsia
norsk: Fuksia
polski: Fuksja
português: Fuchsia
Runa Simi: Chiyu
русский: Фуксия
Simple English: Fuchsia
тоҷикӣ: Гуловез
Türkçe: Küpe çiçeği
українська: Фуксія
Tiếng Việt: Hoa lồng đèn
Winaray: Fuchsia
中文: 倒挂金钟