フォーラーネグレリア

フォーラーネグレリア Naegleria fowleri
Naegleria trophA.JPG
フォーラーネグレリア
分類
ドメ
イン
:真核生物 Eukaryota
:エクスカバータ Excavata
:ヘテロロボサ Heterolobosea
:シゾピレヌス目 Schizopyrenida
:ファールカンピア科 Vahlkampfiidae
:ネグレリア Naegleria
:フォーラーネグレリア N. fowleri
学名
Naegleria fowleri Carter, 1970[1]
和名
フォーラーネグレリア

フォーラーネグレリア学名: Naegleria fowleri)は、ヘテロロボサに属する自由生活性のアメーバであり、通常25–35℃ほどの温水環境で見付かる。他のアメーバ類とは異なり、生活環の中に鞭毛型を持つのが特徴。

人間に対して病原性を示し、原発性アメーバ性髄膜脳炎 (primary amoebic meningoencephalitis, PAM) を起こすことがある。これは中枢神経系が冒されることで、始めは嗅覚認知(匂い)の変化が起こり、続いて吐き気嘔吐発熱頭痛などを示し、急速に昏睡して死に至るものである。このため"殺人アメーバ"と呼ばれる事もある[2]

1965年オーストラリアの Fowler と Carter により報告され、Fowler にちなんで命名された。

他の言語で
emiliàn e rumagnòl: Neglèria fowleri
עברית: Naegleria fowleri
Bahasa Indonesia: Naegleria fowleri
Nederlands: Naegleria fowleri
português: Naegleria fowleri
Simple English: Naegleria fowleri
slovenščina: Naegleria fowleri
Tiếng Việt: Naegleria fowleri