フォークランド海流

フォークランド海流(フォークランドかいりゅう、: Falkland Current)とは南アメリカ大陸南端とフォークランド諸島との間を通り、アルゼンチン海パタゴニア地方沿岸に沿って北上する寒流マルビナス海流(マルビナスかいりゅう、: Malvinas Current)とも呼ばれる。南極環流の一部が南米最南端のホーン岬付近で分流したもので、ラプラタ川河口沖において、南下してくる暖流のブラジル海流との間に収束帯(潮境)を生じさせる。潮境において、一部はブラジル海流の下層に潜入するが、大部分はブラジル海流とともに東に流れ南大西洋海流となる。この地域の海況は、日本の三陸沖や北米東岸のニューファンドランド沖と類似している。

データ

他の言語で