フェルナンド7世治世下のスペイン

スペイン王国
Reino de España

1814年–1833年
国旗国章
標語
プルス・ウルトラ
国歌
国王行進曲
リエゴ賛歌 (両立 1822-1823)
首都マドリード
言語スペイン語
宗教ローマ・カトリック
政府絶対君主制 (1814-1820; 1823-1833)
立憲君主制 (1820-1823)
国王
 • 1814年–1833年フェルナンド7世
歴史・時代19世紀
 • フェルナンド7世帰国1814年3月22日
 • カディス・コルテス無効宣言1814年5月4日
 • リエゴプロヌンシアミエント1820年1月1日
 • イサベル2世即位1833年9月29日
通貨エスクードレアル、マラベディ (en

フェルナンド7世治世下のスペインスペイン語: Reinado de Fernando VII de España)は、スペイン史上、フェルナンド7世が君臨した1814年から1833年までの時代を指す。この当時、同国はブルボン朝絶対王政の復活を経験したことから、絶対主義王政復古スペイン語: restauración absolutista)とも呼ばれる。

フランスの占領に対する独立戦争の後、1813年10月にマドリードコルテスが開かれた。そのすぐ後、ナポレオンヴァランセ条約フェルナンド7世をスペイン国王として承認した。フェルナンド7世はスペイン国民の圧倒的支持を受けて、1814年3月22日バレンシア経由で首都へ戻った。その時、王党派の中心から絶対王政復活を求める声明「ペルサス宣言スペイン語版」を受け入れた。