フィンランドの地方行政区画

フィンランドの地方行政区画には最上位自治体である県 (フィンランド語: maakuntaスウェーデン語: landskap英語: region)、またその下に郡 (フィンランド語: seutukuntaスウェーデン語: ekonomisk region英語: sub-region)、更にその下に市町村などの区分がある。2009年末までは、県の上に州 (フィンランド語: lääniスウェーデン語: län英語: province)が存在した。また、行政上の機能はないが、伝統州 (フィンランド語: historialliset maakuntaスウェーデン語: historiska landskap英語: historical province)という区分も存在する。

フィンランドの県

フィンランドには19の県 (フィンランド語: maakuntaスウェーデン語: landskap英語: region)がある。領域は領域自治体の協力フォーラムとして働く州議会によって統治されている。主な仕事は開発や企業誘致、教育などの政策である。

フィンランドの県は、1993年に制定された法律[1]によって、1994年に設立された[2]

2010年末までは、東ウーシマー県が存在したが、ウーシマー県と合併して消滅した[3]

現在、このうちカイヌー県では議会の選択に普通選挙を試行している。州よりも小さく歴史的に考えてもより文化や方言、経済などの特色が現われており、純粋な中央政府の管理部門である。

県の一覧

県章 県名 フィンランド語 スウェーデン語 県庁所在地 旧所属州 地図
ラッピ県 ラッピ県 Lappi Lappland ロヴァニエミ ラッピ州
北ポフヤンマー県 北ポフヤンマー県 Pohjois-Pohjanmaa Norra Österbotten オウル オウル州
カイヌー県 カイヌー県 Kainuu Kajanaland カヤーニ オウル州
北カルヤラ県 北カルヤラ県 Pohjois-Karjala Norra Karelen ヨエンスー 東スオミ州
北サヴォ県 北サヴォ県 Pohjois-Savo Norra Savolax クオピオ 東スオミ州
南サヴォ県 南サヴォ県 Etelä-Savo Södra Savolax ミッケリ 東スオミ州
南ポフヤンマー県 南ポフヤンマー県 Etelä-Pohjanmaa Södra Österbotten セイナヨキ 西スオミ州
中部ポフヤンマー県 中部ポフヤンマー県 Keski-Pohjanmaa Mellersta Österbotten コッコラ 西スオミ州
ポフヤンマー県 ポフヤンマー県 Pohjanmaa Österbotten ヴァーサ 西スオミ州
ピルカンマー県 ピルカンマー県 Pirkanmaa Birkaland タンペレ 西スオミ州
中央スオミ県 中央スオミ県 Keski-Suomi Mellersta Finland ユヴァスキュラ 西スオミ州
サタクンタ県 サタクンタ県 Satakunta Satakunda ポリ 西スオミ州
南西スオミ県 南西スオミ県 Varsinais-Suomi Egentliga Finland トゥルク 西スオミ州
南カルヤラ県 南カルヤラ県 Etelä-Karjala Södra Karelen ラッペーンランタ 南スオミ州
パイヤト=ハメ県 パイヤト=ハメ県 Päijät-Häme Päijänne Tavastland ラハティ 南スオミ州
カンタ=ハメ県 カンタ=ハメ県 Kanta-Häme Egentliga Tavastland ハメーンリンナ 南スオミ州
ウーシマー県 ウーシマー県 Uusimaa Nyland ヘルシンキ 南スオミ州
キュメンラークソ県 キュメンラークソ県 Kymenlaakso Kymmenedalen コトカ 南スオミ州
オーランド自治県 オーランド自治県 Ahvenanmaa Åland マリエハムン オーランド自治州

廃止された県

県章 県名 フィンランド語 スウェーデン語 県庁所在地 旧所属州 廃止年月日 備考
東ウーシマー県 東ウーシマー県 Itä-Uusimaa Östra Nyland ポルヴォー 南スオミ州 2011年1月1日 ウーシマー県と合併し消滅
他の言語で